土砂崩れのため昨シーズンから閉鎖中の河原の坊コースで、登山道脇の植物にニホンジカのものと思われる食痕が昨年増えたことは以前書きました。今年度の振り返り2 河原の坊コースのシカ食害

今年は去年を上回る勢いで、春初めから多くの植物に食痕が目立っています。今年の特徴は、芽が出たばかりの植物を地表近くで食べていることと、木本類の若い葉を食べていることです。(写真は6/7と6/24)


出たてのイタドリを低い位置から食べることは、去年の春にはありませんでした。


クガイソウも早々とやられています。


タマガワホトトギス


いつも人気のセリ科(オオバセンキュウかエゾノヨロイグサ?)


アザミの類


懸案のマルバキンレイカは去年被害のなかった高い位置の株が食べられていました。


ここのシロバナトウウチソウは去年からシカのレストランみたいになってました。


ゴマナ?


タチカメバソウ


ナナカマド


ナナカマドは枝をわざわざ折って若い葉を食べています。


ウリハダカエデ


タニウツギは花期を迎えていましたが(6/24)


このように食べられて寂しくなってしまったものもあります。


ここは足下の草もさっぱりとなくなってしまいました。


この辺りは今どきは草が茂ってダムは見えづらいはずなのですが、草刈りをしたようにさっぱりしています。

河原の坊から小田越に続く県道25号沿いでも、木の葉を食べるのが今年は目立っています。


アオダモ?に多く食痕が認められました。


ハウチワカエデ

このほか、ツツジ科の木にも食痕が多かったです。
草本では、フキ、トリアシショウマ、ヤグルマソウが前から好物です。


トリアシショウマ

ヤグルマソウ


小田越周辺でも今年は食痕が増えていると聞きます。小田越の管理員さんは、オオバタケシマランが食べられてさっぱりなくなってしまった、と話していました。
岩手県では、早池峰山周辺地域シカ監視員を任命して、鳥獣保護区内でもニホンジカを捕獲できるようにしました。


2017.05.07 半年ぶりの山
この連休は比較的天気がよく、何人もの登山者が早池峰山に登りました。私も5月3日に半年ぶりに小田越ルートから早池峰山頂まで行きました。
このブログは全く速報性に欠けるメディアになっていて早池峰山現地情報と言えるようなものではなくなっていますが、とにかく報告まで。。(写真はすべて2017年5月3日)


県道25号は5月12日(金)まで冬季通行止め中ですが、花巻側は小田越まで除雪が済んでいました。

山の雪はかなり融けたように見えますが、小田越から一合目までの樹林帯は例年通り雪が残っています。これから6月11日の山開きの頃までに少しずつ融けていきます。ところどころ踏み抜くこともありますが、雪はしまっているのでわかんやスノーシューがいるほどではありません。スパッツはあった方がいいでしょう。


夏の道が出ていない樹林帯は迷いやすく、この日も登りと下りで別のトレースが出来ていましたが、まあ皆さん無事に往復していたようです。また雪が融けてくるとトレースも変わってきます。


五合目付近より山頂方向を望む。小田越コースの一合目から九合目まではすっかり夏の道が出ています。


そういえば二合目あたりでカモシカがじっとこっちを見ていました。


岩に顔をすりすり


九合目から山頂までは雪の上を歩くことになりますが、こちらも雪がしまっていてわかんやスノーシュー、アイゼンなどは必要ありません。スパッツはあった方がいいでしょう。


夏より歩きやすく、コースタイムは短縮できます。


山頂避難小屋は軒まで埋まっていて掘り出すのは骨なので諦めました。


奥宮・若宮前の広場にも雪が残っていました。

この日は空気が澄んでいてかなり遠くまで眺望がきき、岩手山、焼石、栗駒という近場から鳥海山はもちろん、八甲田、さらには岩木山まで!見えました。海はいつもの宮古湾だけでなく、釜石沖あたりから久慈方面の海まで見えました。こんなことはめったにありません。


七合目付近より南西方向。栗駒、焼石、鳥海山が見える。


山頂から北西方向。秋田駒〜岩手山、岩木山(写真では見えない)、八甲田など


山頂より東方向。剣が峰、宮古湾


帰りは行きと同じ小田越に戻りました。薬師岳の北面はいつものことですがしばらく雪が残ります。


四合目付近でありがたくないものを見つけた。使用済みの携帯トイレです。中身ずっしり。
こんなものを見たくはないので持って下りました。山開きの前であれ、いやこの時期に入山するのであれば尚のこと、登山者には携帯トイレを使用し持ち帰る意識が求められます。それが好きな山を守り、ひいては良識ある登山者としての自分の尊厳を守ることになります。


河原の坊コースは昨シーズンから土砂崩れのため通行禁止となっています。今年も岩手県による通行禁止の正式な解除がない限りは登下山に使わないようにしましょう。


2017.03.30 春シカ
野暮用があって山へ入った。鶏頭山〜毛無森の南西側にあたる。


写真では一見わかり辛いが、これらはササである。葉がみな食べられてしまって茎だけになっている。ニホンジカの仕業だ。


日陰で雪が残っていてもシカの足跡がすっかり道になり歩きやすい。ラッセルの必要なし。


樹皮を食べた、いわゆる「皮はぎ」の痕。


雪から出たササの葉はほぼなくなっている。


こちらの皮はぎはやや古いもの。


ササ


足跡


足跡


足跡…


ササは食べられる


角が落ちてた。3歳くらいのものらしい。少し古びていて、今年のものではない。


南斜面は雪もなく、ササも食べ放題で丸坊主。




大迫町内では今年で20年目を数える「おおはさま宿場の雛まつり」が開かれています。
今年は2月24日(金)に始まり、3月5日(土)までの10日間で、例年より期間が短くなっています。
午前10時から午後4時まで、大迫町内各所の商店や展示会場に飾られた雛人形を見て歩くことができます。

宿場の雛まつり公式ホームページ>宿場の雛まつり公式ホームページ
こちらで今年のチラシがダウンロード出来ます>第20回おおはさま宿場の雛まつり

ほしがらす通信でも、2012年以降毎年少しずつ、雛まつりのレポートをしています。
過去の記事は右のカテゴリの「おまつり」からご覧下さい(あんどんまつりと交互に出てきます)。
今年も全部は回れませんが少しだけご紹介します。

まず、メイン会場の大迫交流活性化センターから見て行きます。




こちらには町内のお宅から集まって来た雛人形が飾られています。


いつからそうなったのか今年は写真撮影自由でした。




小さな箱に何かいっぱいつまっています。


ちっちゃな百人一首のようでした。


野老(トコロ)…いつだか山で友達がこのツルは自然薯だ!と言うので額に汗して掘り出したらこの苦〜いトコロで、雛まつり用に寄付したっけな。


苦い!と思いながら食べ続けると苦みの中の甘みが意外とクセになるんだよね。


今年、雛めぐりマップに記載されているのに初めて気付いて、町なかからすこし離れた「松坂みそ店」に行ってみました。


松坂みそ店。ここのお味噌は産直ほか町内でも買うことが出来ます。


こちらのお雛様は、お内裏様とお雛様から、三人官女、右大臣左大臣、五人囃子まで、一度に買いそろえられたらしく人形が揃っているのが特徴だとおかみさんが教えてくれました。


古今雛です。何年か前の宿場の雛まつりのポスターになった、上品な顔立ちの人形です。


お内裏様


五人囃子・笛(笛はなくなっていたのでご主人が手作りしたそうです)


鼓。五人囃子は、動きの静かな謡と笛は着物を重ねて着ていて、動きの激しい鼓・小鼓・太鼓は上半身の着物を一枚脱いでいるのだそうで、言われるまで気付きませんでした。



松坂みそ店の近くに、岩手日日新聞の販売店があります。こちらは従業員の方の家のものだそうです。お雛様を飾っている会場の方は皆さん丁寧に解説して下さるので頭が下がります。


もう一軒、「小川酒店」にも寄りました。こちらにはお雛様のほかに屏風や錦絵も飾られています。店内には甘酒の甘い香りが漂っていました。


享保雛です。雛人形を見て回っていると、だんだんこちらが見られているような気になってきます。


こちらの三人官女は町内で一番大きいのだそうです。先ほどの松坂さんのところで、こちらの小川さんには五人囃子ではなく大人の「五人楽師」がいると聞いてきました。残念ながらいくつかの楽器は失われていますが、こちらは雅楽の楽師だそうな。


やっぱり全然回れなかった。じっくり見るには時間が必要です。「おおはさま宿場の雛まつり」は、今週末の3月5日(日)までです。皆様どうぞ時間に余裕を持ってお出かけ下さい。


早池峰山の河原の坊コースが土砂崩れのため通行止めになって以来、人の歩かなくなった登山道沿いでニホンジカによる植物の食痕が目立つようになりました。ちょうど草木の芽や葉が伸びる時期に、道の両側のいろいろな草が食べられていました。

7月31日には、早池峰グリーンボランティアの方々が自主研修という形で河原の坊コース下部のシカ食害調査を行うということで、私も同行しました。岩手県立博物館の学芸員の方がいらして植物の同定をして下さいました。河原の坊コース登山口(標高1070m)から頭垢離(1377m)までの間で、61種の植物に食痕が確認されました。ここまで多いことに驚きました。このエリアにはニホンジカだけでなくニホンカモシカも生息しているため食痕だけではどちらかは分かりませんが、ニホンカモシカは以前からいて数も増えていないと思われる一方、ニホンジカはこの5年ほどで急激に侵入・増加し、それに伴うように植物の食痕が増えてきました。そのためこれらの食痕はほとんどがニホンジカのものとみてよいでしょう。


もっとも目立つのはセリ科のオオバセンキュウ(写真)とエゾノヨロイグサでした。


場所によっては裸地化したような状態になってしまっています。


オニシモツケも多く食べられています。


タマガワホトトギスは人間でも茹でて食べるのにいいそうですが。

シカの食痕が多いのは沢沿いの混交林をゆく道です。標高1300mから上、岩が大きくなってくるとやはり歩きづらいのでしょう、食害も目立たなくなってゆきます。


沢の渡渉点にあるシロバナトウウチソウの群落は丸坊主になってしまいました。


こうして繰り返し食べられているうちに絶えてしまうのではないでしょうか。(2016年10月5日)


この調査の日、沢沿いのある場所にキク科のマルバキンレイカが開花していました。


ところが、その4日後に同じ場所に行ってみるとなくなっていました。(2016年8月4日)


茎のあったはずの場所を苦労して探し出すと根元近くからなくなっていました。

それで、今年マルバキンレイカの開花が少ないことに思い至り、毎年咲く群落のある場所を探してみると、ほとんどの株が見事に根元近くからなくなっていました。これもシカに食べられたものと思われました。


2014年8月3日


同じ場所の2016年8月4日


根元近くの切断箇所

それからしばしばこの場所を観察してみましたが、この後もシカは繰り返し訪れては残ったマルバキンレイカやイワガラミを食べていたようでした。


イワガラミの食痕


2016年9月11日


2016年9月11日

登山道から首を伸ばしても届かない位置の株は無事でした。マルバキンレイカはレッドリストに載っているような希少種ではありませんが、早池峰山域ではそれほど多くは観察出来ません。来シーズンはこの場所に雪融けあたりから柵を立てた方がよさそうです。



河原の坊コースシカ食害調査(2016年7月31日)
食痕が確認された植物
ダケカンバ ヨツバヒヨドリ ノコンギク ゴマナ タニウツギ
オニシモツケ オオヒヨドリバナ ブナ ウツボグサ オオヨモギ
タマガワホトトギス ダキバヒメアザミ トリアシショウマ シロヨメナ オオイタドリ
アキノキリンソウ イヌコリヤナギ ナナカマド クロイチゴ クガイソウ
イヌガンソク ヤマカモジ ヨモギ ススキ アマニュウ
オクトリカブト マルバシモツケ オオバクロモジ ゼンマイ ミヤマアキノキリンソウ
イタヤカエデ(アカイタヤ)クジャクシダ オシダ エゾシオガマ エゾアジサイ
ミヤマセンキュウ マルバアオダモ フキ シロバナトウウチソウ ミヤマハンノキ
ホガエリガヤ ハウチワカエデ ウリハダカエデ ソバナ ツルデンダ
ミズナラ ノリウツギ ミソガワソウ ヤマブキショウマ マルバキンレイカ
コヨウラクツツジ ミネカエデ ハナヒリノキ アカミノイヌツゲ チシマザサ
オオカメノキ ハヤチネコウモリ オオバセンキュウ エゾノヨロイグサ センジュガンピ
ヤナギ属

(地表近くのためシカかどうか不明だが食痕のあったもの)
イヌガヤ オオバコ ベニバナイチヤクソウ