8月14日・16日の大迫あんどんまつりの様子です。

8月14日各町のあんどん山車


上若組 正面 「風流 櫓太鼓 鳴音吉原」
今、写真を見て桶から水をかぶる人だと気付きました。


上若組 見返し 「風流 天燈鬼」
珍しい題材ですが、インパクトがありました。上若さんのは概して顔が大きいです。


下若組 正面 「風流 南部纏(まとい)」
今年も完成度が高かったです。


下若組 見返し 「風流 不動明王」


若衆組 正面 「歌舞伎十八番景清 風流 牢破り」
どういうわけか知らないのですが、若衆さんは歌舞伎の成田屋ものが多いです。


若衆組 見返し 「百人一首」 
これはオリジナリティーがあって面白かったです。


川若組 「風流 七福神」
今年、14日の川若組は正面・見返しの区別をせず、袖(側面)も含めて全体でひとつの「七福神の乗った宝船」を作りました。おめでたい感じも、造形的にもなかなかよかったと思います。


川若組 「風流 七福神」

8月16日


上若組 正面 「風流 火消しの粋」


上若組 見返し 「風流 飛天」


下若組 正面 「風流 蛇退治」


下若組 見返し 「風流 不空羂索観音」


若衆組 正面 「風流 大日如来」


若衆組 見返し 「如意輪観音」


川若組 正面 「風流 普賢菩薩」
これは筆者の担当でした。東京国立博物館の国宝絵画の普賢菩薩が好きでいつかは描きたいと思っていました。仏画は顔が命なわけですが、あまり人間臭くてもいけないと思うので難しいです。自然と拝まれるようなものでなくてはいけないと思って描いています。象の下で子どもたちが太鼓を叩きにくそうでした(笑)。


おじさんは腰が痛いので、仏さんの光背は中学生に描いてもらいました(^^)


川若組 見返し 「風流 九尾の狐」
こちらは実は16年前の平成9年の題材のリメイク版なのですが、偶然にも同じ年の川若組に普賢菩薩もありました。狐の尻尾がいい感じです。

あんどんまつりが終わると大迫には秋の気配が漂ってきます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/91-856e1a46