2012.05.13 奥宮参り
昨日までの数日の寒さは、山では雪になったようです。今朝は早池峰山から鶏頭山、薬師岳もうっすら雪化粧。


岳から 2012.5.13(以下同日)


うすゆき山荘から

風は冷たいものの、今日は快晴が続く予報なので予定通り山頂を目指します。


正面(河原の坊)コース入り口の渡渉点はすっかり雪が消えました。


樹林帯も夏道に戻っています。


標高1300m付近、通称石パネ

ここまで途中数十mの雪上歩行を除いてほとんど夏の道と同じに歩けました。去年よりずっと残雪は少ないです。こうなると気になるのは一番早いあの花ですが、


まだつぼみでした。


ふと古銭を見つけた。


寛永通宝は明治のはじめ頃まで流通していたそうです。信仰登山の名残で、早池峰ではたまに転がっています。


頭垢離を上がりきるころには日は高くなっていましたが、風が冷たいせいか、上の方はまだ雪が消えないで残っています。


御神坂(おみさか・標高1400m~1570m付近)の中段にだけ、残雪があり、ここはキックステップで。


打石(ぶついし)もパサッと雪化粧。


まわりの山はすっかり黒くなっています。


はい、山頂に着きました。今年もよろしくおねがいします。


山頂の気温-4℃。ダウンを持って来てよかった...


だってこんなのが融けないで残っているんだもの。


小田越コースを下ります。今日は快晴で宮古湾も見えました。


冬に登った大槌の鯨山はこれ(中央奥)らしい。


小田越コース山頂~九合目の間は、ところどころ夏の木道が出ていますが、それ以外は雪の上を歩きます。


賽の河原あたりはすっかり雪の下です。これもお山開きまでにはだんだんにとけるでしょう。


九合目から一合目まではまったく雪はなく、夏の道に戻っています。七合目付近から。向いは薬師岳。


五合目でふり返る。お金蔵も半年ぶり。


二合目の急坂を注意して下りながら、一合目の下の樹林帯に残雪がどれくらいあるのか気になります。


一合目直下、樹林帯との境。ここは毎年最後まで雪が残るんですよ。夏に見覚えのない景色になっていて迷いやすい。


管理員の方でつけたテープを目印に登り下りして下さい。分からなくなったら分かるところまで自分の足跡を引き返すこと。


今年は雪が少ないので夏の道が比較的分かりやすいのですが、もう少し待てば雪も消えて、道迷いの危険もなくなります。また、残雪がところどころ軟らかくなっていて足がズボっとはまるので、その点でも雪がなくなってからの方が苦労がありません。


木道のすき間なんかに落ちると悲惨ですよ。


実際、何度か落ちました...


小田越登山口に到着。

早池峰山登山口に通じる県道25号の通行止め解除は5月18日(金)正午となっています。その頃には雪もさらに少なくなっているでしょうし、6月10日(日)のお山開きにはずいぶん歩きやすくなっているでしょう。


帰るころには朝の雪はすっかり消えました。


おまけ:この日確認した鳥類(さえずり含む) 岳~河原の坊~早池峰山頂~小田越
ウグイス、エゾムシクイ、センダイムシクイ、シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、カケス、オオルリ、キビタキ、ミソサザイ、ルリビタキ、ウソ、ホシガラス、トビ



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/54-1f532b0a