上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.05 冬を前に
このところ早池峰山も晴天続きでした。




このイワウメもいったん根雪が積もれば半年間は日の光を浴びないわけですね。


山頂には霜柱が残っていました。

登山口までの道もすっかり紅葉が終わりましたが...


ウバユリとマムシグサを見つけました。


マムシグサの実


春にはこんな花を咲かせます。


ウバユリの実には薄い膜のような種子がぎっしり重なって詰まっています。


この一枚一枚が風で飛び散っていくようです。


開く前の果実

ウバユリが咲いている写真を探したのですが、ありませんでした。8月のはじめ頃咲いていたのですが...あまりにありふれていて撮っていなかったようです。そういえばテッポウユリにも似たウバユリの花が、この実になるまでの間の姿も注意して見ていませんでした。来年の宿題ですね。このウバユリの根は食用になるそうです。一方、マムシグサの球根は有毒とのこと。まあ、今日びわざわざ食べてみようという人もいないと思われますが。


こちらは山の天然しいたけですが...おいしい山の幸に今年は放射能汚染の疑いがあり残念なことです。これを誰も毒キノコとは言わないものを。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/41-6377fe2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。