2011.10.16 紅葉終盤
金曜の夜から降り続いた雨は今日の昼頃には止んできましたが、山では強い風が残りました。小田越コースの途中で引き返す人も。今頃の季節に強風に吹かれると体感温度は氷点下になります。雨で濡れればなおのこと体温は低下します。悪天候の時には無理せず登山を中止することも大事です。山頂へ行かなくても、山の楽しみ方はあります。

登山口から下まで降りてきていた紅葉は、この雨と風でかなり散ってしまいましたが...



それでも少しブナ林へ入ってみるとまだ目を楽しませてくれます。


笛貫の滝付近で


地面には色とりどりの木の葉が落ちています。


狭い範囲でも色々な種類の木の葉がありますね。


日本の紅葉には様々な色があって美しいと、外国の人も言うようです。


日本の生物多様性を実感できるのも、葉の色が変わるこの季節ならでは。



コシアブラの微妙な色あいも美しいですね。


きょうは夕方になってやっと雲が晴れました。雨が多かったり変に気温が高くなったり、今年の秋はどこかおかしい秋ですが、それでもやっぱり木々は葉を落とし季節は冬に近づいています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/39-36787c44