上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝晩の気温が下がるようになり、早池峰山でもやっと紅葉が始まりました。


どこが?...って思いますよね。河原の坊コース標高1300m付近では昨日でまだこんな感じです。 
(2011.9.28 以下、特に記載のないものは同日撮影)


頭垢離の上(標高1400m付近)まで上がると、西側の尾根がなんとなく色づき始めたように見えます。


東側の眺めはまだこの程度です。


早池峰山の頂上付近は、実はあまり紅葉を見るような場所はありません。ごつごつした岩稜がハイマツやアオモリトドマツなどの亜高山帯針葉樹に覆われているからです。


わずかにミネカエデなどがあるくらい。

足元の草の紅葉を見ながら下ります。


ナンブトウウチソウ


ウラシマツツジ


イワウメ


チシマフウロも赤く染まります。


小田越コース五合目で


小田越コース一合目から二合目(1300~1500m)付近が、早池峰の紅葉を見るのにいい場所ですが...


このくらいの染まり加減です。 (2011.9.29)


ナナカマドも実は赤くなりましたが、葉はまだこの程度です。


実は早池峰より先に、お向いの薬師岳が紅葉の見頃を迎えるのです。(2011.9.29)
というわけで次回は薬師岳の紅葉情報です。



最後に樹林帯の中の実をいくつか。


ツルシキミ (2011.9.29)


ツルリンドウ (2011.9.29)


マイヅルソウ (2011.9.29)
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/32-39fd68ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。