だんだん新たに咲く花が少なくなってきたので、まだ見られる花をまとめて書いておきます。
(ウェブの方にも載せておきました。)

8月20日現在見られる花:

トリカブト ゴマナ オヤマソバ シロバナトウウチソウ ミヤマホツツジ ハクサンシャジン ウメバチソウ オオヤマサギソウ ハクサンボウフウ シラネニンジン ミヤマセンキュウ ミヤマウイキョウ エゾシオガマ ツルリンドウ カニコウモリ ハヤチネコウモリ ミヤマアケボノソウ ダイモンジソウ ミヤマアキノキリンソウ ナンブトラノオ ナンブトウウチソウ ミヤマシャジン ソバナ ツルアリドオシ カワラボウフウ イワオトギリ ヤマハハコ ミネウスユキソウ ガンジュアザミ ヨツバヒヨドリ キンロバイ キンミズヒキ ゲンノショウコ

地味な花ばかりだが書いてみると数あるもんだな。なんとなく写真を撮ったものを紹介します。


エゾシオガマ


オヤマソバ


ウメバチソウはまだまだ見られます。


ガンジュアザミ


ナガバキタアザミ 北海道のほか、本州では早池峰山だけに生育します。


ナンブトラノオもやっとまとった数が見られるようになりました。


これはナンブトウウチソウです。
先頃の大雨で岩が崩れたのか、根が露わになっていました。40cmほど伸びた根元だけが、土壌にくっついています。早池峰の植物はこうしたわずかな土壌に根を張り生き延びています。(長靴は大きさの比較のため)
途中で切れてもいけないので石を組んで隠しておきましたが、かぶせる土はありません。


ミヤマウイキョウ
数多いセリ科の植物の中では見分けが容易なもの。葉が針のように細いのはこれだけです。


ミヤマアケボノソウもまだきれいです。


山頂の岩陰にはダイモンジソウ


ダイモンジソウとミヤマアケボノソウ


コケモモの実
今年はコケモモの実りが豊かなようです。数年前にこの実を果実酒にすべく一生懸命採っていて捕まった人がいました。その人は知らなかったようですが、早池峰の植物は花も実も何一つ採取してはいけません。こんなことで前科がついてはつまらないので見るだけにしておきましょう。


樹林帯にはツバメオモトの実。きれいな色ですがこちらは食べられません。


カニコウモリ 
葉の形がカニの甲羅の形に似ているコウモリソウ(葉の形がコウモリに似る)...カニなのコウモリなのどっち?


花はよく見るとこんなくるくるのだ。


最近めっきり涼しくなって、山の上で雨にでも濡れれば体温が下がりますので、雨具と長袖シャツの用意はお忘れなくお出かけください。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/27-510df8fe