上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の開花情報はウェブサイトのほうに載せておきました>星鴉通信 開花情報
その中から少し。


マルバキンレイカです。沢沿いの林内で鮮やかな黄色が目を惹きます。



ツルリンドウ



オオヤマサギソウではないかと思うのですが。



高山帯にこんな手毬のようなものが。


タカネナデシコの開花直前の姿です。


今年はタカネナデシコが殊にきれいに咲いているような気がします。


ところで、8月1日は岳(たけ)の早池峰神社の例大祭でした。


今年の早池峰山は震災の影響か登山者がいつもより少なくなっていますが、7月31日の宵宮にはほぼ例年通りのお客さんが集まってました。神楽好きには震災も関係ないということでしょうか。最近また少し大きい地震が多く、例大祭の間も体に感じる揺れがありましたけれど。


1日の「お通り」の様子です。平日のせいか人出は少なめでした。祭り写真的なものは狙っていないので状況説明程度に撮りました。



岳神楽の「水神」です。人々が水を汚したことに怒った竜神は人々に祟りをなそうとし... という物語は今、考えさせられるものがありますね。神話のできた時代から人は水を汚す存在であり、それに対する戒めの物語を作らなければならなかったのでしょうか。いつしか神話が戒めの機能を果たさない世の中になってしまい、この日本列島に取り返しのつかない汚染を招いてしまいました。


水神のクヅシです。美しい舞でクヅシの中でも好きなほうですね(一番好きなのは天王舞のクヅシです)。
昔、横浜で岳神楽を見た時、この水神のクヅシで舞手さんの一人が真剣で手だか足だかを切ってしまったのには驚きました。神楽を見始めて20年近くになりますが、まったく飽きることがありませんね。最後の権現様を迎えるといつでも晴れ晴れと有り難くおめでたい気持ちになります。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/23-fb2ee4ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。