fc2ブログ
6月12日(日)、早池峰山で3年ぶりに山開き行事が行われました。2020年、2021年はコロナ禍により中止となっていました。このところコロナ陽性者数が減少していて、岩手県内でも各種催しが再開される方向になってきています。
今年は早池峰山登山口へのシャトルバス運行も再開されました。


早池峰山山頂 2022.6.12

さて、そんな3年ぶりの山開きでしたが、思ったより人出が少なかったです。以前は山開きの日には1日で1000人を超える登山者が集まることも珍しくなかったのですが今回は250人前後でした。
天気予報があまりよくなく、前日には盛岡で大雨の警報が出たこともあったのでしょうか。それとも前日に早池峰山の登山道で登山者がクマに襲われ負傷するという事故があったからでしょうか。

6月11日(土)、午後1時半ごろ?早池峰山小田越コース登山道の四合目と五合目の間で、登山者がクマに襲われ怪我をする事故が起きました。私は自然公園保護管理員業務で午後2時頃小田越登山口にいて第一報を聞き、その後自力で下山してきた被害者の方に会いました。被害者の方は50代男性で、下山時には意識もはっきりとして足取りも確かでしたが、左手首にタオルを巻いて頭の上に掲げて下りてこられ、また右頬と首に止血パッドを貼っていました。
現場で他の登山者が応急手当をしてくれて、119番通報もしたとのことでした。小田越に下山してまもなく救急車が到着し無事搬送されました。

被害者の方から聞いた、クマ遭遇の状況は次のようなものでした。

男性は、奥さんと登山に来ていて下山中だった。奥さんは少し後ろに離れて歩いていたので、奥さんを待ちがてら休憩を取るため登山道上で山(上方)に向かいリュックサックを下ろした。暑いので上着を脱いで丸めて(ザックにしまうために?)屈むと、自分の脇の下、つまり斜面の下の方から黒いものが近づいて来るのが見え、クマだと思った。次の瞬間にはクマはすぐ脇を通り抜けたのでそのまま行くのかと思ったら、上から向かってきた。ザックを押しつけ(るか投げつけるかし)て逃げようとしたが、クマはザックをガリガリっとした後、こちらに襲いかかった。クマはそれほど大きいクマではなかったが仔熊でもなかったようだ。
それから、奥さんや他の登山者が駆けつけた…とのことでした。

顔と首の傷は軽いようでしたが、本人によれば左手首には爪跡があり、止血した後に痺れてきたので一度タオルをほどくと、また出血してきたので再び縛ったとのことでした。病院に搬送された後のことはわかりません。命に別状がなくてよかったです。
襲ったクマがどちらへ行ったのかは聞けませんでしたが、攻撃はそれほど執拗なものではなかったようで幸いでした。

翌日、その現場を確認しました。


男性がクマに襲われた現場 2022.6.12


場所は小田越コース五合目から80mくらい下でしょうか、「お鉢巡り岩」と呼ぶ岩の30mほど下方の地面にはっきりと血痕が残っていてすぐに分かりました。
一帯は蛇紋岩の岩場とハイマツや高山植物の植生からなる環境で、周囲には高い木もなく見通しのよい場所です。被害者の方はザックを下ろして後ろ向きに休んでおり、出会い頭の偶発的な事故ではありません。クマはわざわざ襲ってきたものと思われます。
ただ、その場所は登山道に交差して獣道が走っており、ちょうど交差点のような場所でした。クマはどこから現れなぜ人を襲ったのか。
事故の状況を聞いたハンターさんによると、若いクマが攻撃の練習をしたのではないかということでした。一度通り過ぎて上から襲ったのも、攻撃するときは「上を取る」ということで、クマは襲う時は斜面の上から、逃げるときは下へ逃げるということです。

いずれにせよ、早池峰山登山道でのクマによる人身被害は、少なくともこの60数年間では初めてです。
今までもクマの目撃はありましたが、人が襲われて怪我をしたのは、私が早池峰山で管理員をするようになってからの15年間には聞いたことはありませんでしたし、早池峰に60年以上通うベテランさんに聞いても初めてだということです。
(以前、川井村の管理員さんが剣ヶ峰へ行く途中でクマに出会ったが虫除けスプレーを噴射したら逃げていった、ということがありましたが)

そして、この事案が晴天の午後1時半ごろという明るい時間帯に、しかもこの日の登山者は300人近くを数えており、まあまあ人通りが絶えないような状況での発生であったことが気になります。普通、登山の際のクマ対策としては鈴を鳴らしたりラジオを鳴らしたりして人の存在を知らせるとクマの方で離れていくことに期待するというものですが、今回の件に関してはその対策では予防できないものでした。

私達管理員は翌日の山開きを控え、その日のうちに管轄の役所に連絡しました。山開きの当日には、注意喚起を促す看板を設置したり登山者に注意を呼びかけるなどの対応をしました。猟友会による登山口付近でのパトロールも行われました。

ところで、このようなクマに対しては一体何を注意すればよいのでしょう。とにかく登山中は絶えず周囲に注意して不意打ちを食らわないようにすることでしょうか。クマ鈴はバッタリ遭遇を避けるためにつけたらよいでしょう。しかし人の存在を知りながら出てくる熊に対しては、距離があるうちに気付くために常に周囲に注意を払い、5m以上離れた距離で自分が風上にいる(というかなり限定された状況)の時にはクマスプレー、そして最悪接近されてしまった時のためには…武器を持っていてもよほどの格闘経験がなければとても戦えるとは思えません。せめて頭部に致命傷を負わないためにヘルメットを着用することが必要ではないでしょうか。ヘルメットは早池峰山のような岩山での転倒時にも役立ちます。

まだ始まったばかりの今年の早池峰山の登山シーズン、いきなり気を抜けない状況です。登山される方はどうぞ十分お気をつけ下さい。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/225-80bf3b88