FC2ブログ
早いもので年の瀬を迎えました。
簡単に今年の早池峰山の人間界のまとめを書いて今年のブログを閉じたいと思います。

今年は何よりもまずコロナ禍により、夏の車両通行規制期間中のシャトルバスが運休となったことが大きな出来事でした。
例年であれば、6月第2日曜日から8月第1日曜日までの土・日・祝日には、早池峰山のメインの登山口を通る県道25号を時間車両通行止めとするのに合わせて登山者を運ぶシャトルバスを運行するところを、今年は、バスの車内が密になるために新型コロナウイルス感染対策として、バスを運休したのです。
そのため、登山者数は例年に比べて減少しました。数字で見てみましょう。

2019(令和元)年登山者数
全登山者数:14,059人 うちシャトルバス利用外登山者数:10,342人 シャトルバス利用登山者数:3,717人

2020(令和二)年登山者数(5月1日〜10月31日)
全登山者数:9,605人 (シャトルバス利用登山者数:0人)

と、いうわけで全体としては約32%減となりましたが、だいたいシャトルバス利用分がそっくり減ったような勘定です。
自家用車での登山者は感覚的にも減った感じはなく、GO TOトラベルが始まってからの10月に至っては前年比+50%でした(自然公園保護管理員調べ)。

規制期間中にシャトルバス運休を知らずに来て、規制区間の入り口で引き返した人、そこから車道を歩いて来て登山口で力尽きて帰った人などもいました。
また、規制のない期間には自家用車が集中し、河原の坊の駐車場の収容台数を超えて路上にあふれるという事態もたびたび起こりました。
このあたりは、もし来年もコロナ禍が続くのであれば、今年の状況を踏まえて対策を取る必要があります。

管理員として登山者の様子を見ていると、登山者はコロナでもアウトドアは大丈夫、それに岩手県は感染確認が全国一少なく(当時)安全だから、という感覚でいるように見えました。
早池峰山は日帰りできる山で宿泊小屋の休業という事態もなく、登山自体の禁止もなかったので来やすかったのかもしれません。
(それでも首都圏の知り合いで、本当は早池峰山に行きたいけれど感染拡大防止のため今年は登山を自粛するという方も何人もいました。)
登山中はみなさんマスクを外して歩きます。そしてそのままビジターセンターに入ってこられる方も2〜3割?はいました。
センターの入り口にはマスク着用での入館をお願いする掲示をしたり、手指消毒用の消毒液をおくなどの対策をしました。
登山中にすれ違うとき、多くの人が習慣で「こんにちは」と言ってすれ違うので、ちょっと怖かったですね。

来年はどうなるのでしょうか。誰もが不安に思いながらの年末です。
早池峰の神楽もコロナが拡がってからはまったく機会がなくなり、舞納めも舞初めもありません。
ただ、お山はあります。春が来れば雪が融け、また花も咲きます。
その姿を思い浮かべてお山に願う、そんな年末です。
みなさまよいお年を。


2020年5月3日 山頂直下にアマビエを描いた。雪が消えるまでは守られたか


2020年9月21日 車、路上までぎっしりの図
スポンサーサイト



Secret