FC2ブログ
大晦日にワイファイの飛んでいる役場の駐車場からお送りします、ほしがらす通信です。

〜今年のまとめと来年の展望〜

1.河原坊コース登山道について

〈今年のまとめ〉
・2016年以来の通行禁止3シーズン目。経過観察を続行。
・崩落地の状況は昨年とあまり変わらず。
〈来年の展望〉
・通行禁止のまま、経過観察を続けることになるでしょう。専門家の調査が入っていますので
 通行禁止を解除できる科学的な根拠がない限り、河原の坊登山道は再開できないでしょう。
 県自然保護課によると1、2年でどうにかなる状況ではなく、10年単位ではないかとのこと。

2.シカについて

〈今年のまとめ〉
・早池峰国定公園の全域でシカによる植物の被食が増加。山麓の樹林帯では植生が変わりつつある。
 高山植物帯への侵入も進んでいる(以下を参照)。
 ほしがらす通信「春はシカとともに」
 ほしがらす通信「シカ続々」
・岩手県と、東北森林管理局が、試験的に防鹿柵を設置(以下を参照)。
 ほしがらす通信8/29「やっとネットもっとやって」
 ほしがらす通信9/9「柵のあとさき」
〈来年の展望〉
・シカによる植物の被食はますます増加。山麓の樹林帯ではさらに多くの植物が姿を消す。
 それにより消えた植物に依存していた昆虫さらには鳥類などを含む生態系に変化が現れる。
 高山植物帯での食害もいっそう進む。
・岩手県と、東北森林管理局が少なくとも今年と同程度の局所的な防鹿策を設置。

そんな感じです。…来年それでいいのか?っていうのが問題ですが。


以下、シーズン後半の振り返り


11月1日、県自然保護課の設置した防鹿柵を撤去。

181101_1.jpg

181101_2.jpg
支柱を半分外して、ネットは足元にまとめておきます。このまま雪の下に。

181101_3.jpg
麓に近い場所はそのままにして様子を見ることに。ここのマルバキンレイカは今年、食われずにすみました。

11月7日、東北森林管理局の柵撤去作業。

181107_1.jpg
台風にも、ややよろけたけど、倒されることなく持ちこたえた高山植物帯の柵。

181107_2.jpg
こちらもネットを下ろします。

181107_3.jpg
支柱は撤去し、ネットは束ねて残置、来春まで様子を見ます。


180822.jpg
8月22日、うすゆき山荘下方、標高930m付近の県道脇。今年はエゾアジサイの被食が目立ちました。来年には姿を消すでしょう。

181011.jpg
10月11日。鶏頭山の南麓に当たる標高660m付近の林内の状況。ササを含め下草が見当たりません。

180912.jpg
9月12日。魚止の滝の下方、標高670m付近の県道沿いの林内に数日間滞在していたメス。

181025_1.jpg
10月25日。早池峰山の高山帯に隠れた草原があることがわかり、シカ密度の極めて高いシカパラダイスらしいことが推測された。
標高は1560m付近。

181105.jpg
そこでは固有種のナンブトウウチソウに、すでに被食を繰り返され矮化している個体が多く見られた。



…ここからは都会で撮影した画像です。




deerburger.jpg
いったい、鹿肉バーガー何個分のシカを倒せばいいのか。

lumine.jpg
シカの姿を見ない都会ではシカはファンタジーとして魅力的なアイテムです。この市の住宅街でもシカが出ましたが(笑)

181226.jpg
12月26日。岳のゲート近く、標高570m付近で。

20181226hayachine.jpg
2018.12.26

それではまた来年。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/192-59b2006b