FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.08.19 山は秋へ
お盆を過ぎて一段と涼しくなった早池峰山麓ですが、山ではだいぶ前から秋の花が咲いていました。


ナンブトラノオ (2018/7/31、以下記載ないものは同じ)


ミヤマアケボノソウ


ミヤマアキノキリンソウ


ダイモンジソウ(ミヤマダイモンジソウ)

180812sptnc.jpg
ハイマツの実が実ると、それを食べるホシガラスもよく見られます。


8月1日には岳の早池峰神社の例大祭がありました。前日の宵宮から、天気が良くてよかった。



タカネナデシコは結構長く咲いていました。(2018/8/11)


霧に濡れるナンブトウウチソウ (2018/8/11)


翌日、登山道ロープ整備のため縦走コースを中岳まで行きました。


振り返って見る早池峰山、夏山っぽい。(2018/8/12、以下同じ)

中岳(1678.8m)の東側に広がるアオモリトドマツ・コメツガ林内では、登山道沿いの植物にシカまたはカモシカによるとみられる食痕が多数見つかりました。


オオバギボウシの葉がほとんどなくなっていました。


ヒロハハリブキもよく食べられています。
他にシダ類、ツツジ科にも食痕がありました。


小田越付近でよく食べられているカニコウモリはここでは無事だった。


ぬかるんだ登山道には足跡も。

この中岳の東側は、北側にも南側にも森林が続いているので、ニホンジカが侵入していることは十分考えられます。東西の岩稜には食痕は見つからないため、足場の平坦な森林内を行き来しているのでしょう。


そういえば翅のないバッタ、ハヤチネフキバッタが繁殖の季節です。踏みつぶさないように注意してください。


ミヤマウイキョウ


頂上から縦走コースの稜線上空にノスリの若鳥が複数現れて、


狩りの練習のなのか、追いかけっこをするのも8月の風物詩。


この個体はトンボを足でつかみ、飛びながら食べていました。


ここ数日でめっきり秋めいてきました。山へはフリースや薄手のダウンなど、防寒着を一枚増やしてお出かけください。


2018年8月11−12日に見られた花:
(小田越コース〜早池峰山〜中岳)
イワオトギリ カニコウモリ ナガバキタアザミ シラネニンジン キンロバイ ミヤマアキノキリンソウ ミネウスユキソウ ゴマナ ミヤマカラマツ ウメバチソウ オヤマソバ ナンブトウウチソウ ナンブトラノオ タカネナデシコ ホソバツメクサ ダイモンジソウ ミヤマセンキュウ シロバナトウウチソウ ハヤチネウスユキソウ ミヤマアケボノソウ ハクサンシャジン タカネヤハズハハコ ミヤマウイキョウ


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。