上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大迫町内では今年で20年目を数える「おおはさま宿場の雛まつり」が開かれています。
今年は2月24日(金)に始まり、3月5日(土)までの10日間で、例年より期間が短くなっています。
午前10時から午後4時まで、大迫町内各所の商店や展示会場に飾られた雛人形を見て歩くことができます。

宿場の雛まつり公式ホームページ>宿場の雛まつり公式ホームページ
こちらで今年のチラシがダウンロード出来ます>第20回おおはさま宿場の雛まつり

ほしがらす通信でも、2012年以降毎年少しずつ、雛まつりのレポートをしています。
過去の記事は右のカテゴリの「おまつり」からご覧下さい(あんどんまつりと交互に出てきます)。
今年も全部は回れませんが少しだけご紹介します。

まず、メイン会場の大迫交流活性化センターから見て行きます。




こちらには町内のお宅から集まって来た雛人形が飾られています。


いつからそうなったのか今年は写真撮影自由でした。




小さな箱に何かいっぱいつまっています。


ちっちゃな百人一首のようでした。


野老(トコロ)…いつだか山で友達がこのツルは自然薯だ!と言うので額に汗して掘り出したらこの苦〜いトコロで、雛まつり用に寄付したっけな。


苦い!と思いながら食べ続けると苦みの中の甘みが意外とクセになるんだよね。


今年、雛めぐりマップに記載されているのに初めて気付いて、町なかからすこし離れた「松坂みそ店」に行ってみました。


松坂みそ店。ここのお味噌は産直ほか町内でも買うことが出来ます。


こちらのお雛様は、お内裏様とお雛様から、三人官女、右大臣左大臣、五人囃子まで、一度に買いそろえられたらしく人形が揃っているのが特徴だとおかみさんが教えてくれました。


古今雛です。何年か前の宿場の雛まつりのポスターになった、上品な顔立ちの人形です。


お内裏様


五人囃子・笛(笛はなくなっていたのでご主人が手作りしたそうです)


鼓。五人囃子は、動きの静かな謡と笛は着物を重ねて着ていて、動きの激しい鼓・小鼓・太鼓は上半身の着物を一枚脱いでいるのだそうで、言われるまで気付きませんでした。



松坂みそ店の近くに、岩手日日新聞の販売店があります。こちらは従業員の方の家のものだそうです。お雛様を飾っている会場の方は皆さん丁寧に解説して下さるので頭が下がります。


もう一軒、「小川酒店」にも寄りました。こちらにはお雛様のほかに屏風や錦絵も飾られています。店内には甘酒の甘い香りが漂っていました。


享保雛です。雛人形を見て回っていると、だんだんこちらが見られているような気になってきます。


こちらの三人官女は町内で一番大きいのだそうです。先ほどの松坂さんのところで、こちらの小川さんには五人囃子ではなく大人の「五人楽師」がいると聞いてきました。残念ながらいくつかの楽器は失われていますが、こちらは雅楽の楽師だそうな。


やっぱり全然回れなかった。じっくり見るには時間が必要です。「おおはさま宿場の雛まつり」は、今週末の3月5日(日)までです。皆様どうぞ時間に余裕を持ってお出かけ下さい。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。