上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.10.09 雑記
紅葉は河原の坊より下がって、今はうすゆき山荘~清廉の滝あたりが見頃になっている。


うすゆき山荘 2015.10.8





道を歩いていると、ブナの実が例年より多く落ちているのに気付く。今年はドングリもブナも豊作のようで、そのせいだろうかクマが里に出た話を聞かない。クマといえば先頃、早池峰山の東尾根を剣ヶ峰方面へ下りてみたが、


剣ヶ峰 2015.9.28



剣ヶ峰の標識がクマにかじられていた。木製の標識がクマにかじられるのはよくあることだ。この標識は数年前に立てられた比較的新しいものだが、それを運んだのは旧川井村の管理員、M川さんだった。もう山もしまいの11月、すっかり白くなった早池峰山の小田越コースを登っていると、前方に十字架のようなものを背負った人影が見えた。



一瞬ゴルゴタの丘へ向かうキリストかと思ったが、近づいてみると



丸太ん棒にたすきをかけて背負ったM川さんだった。M川さんは森林管理署の仕事もしていたが、こんな季節にこんな方法で上げるしかなかったのだろうか。おそらく他の誰もこのように担ぎ上げることはできないだろう。少なくとも私には手伝うことはできなかった。
M川さんはその後自宅でクマに顔をかじられてしまって1年間山の見回りを休んだが、驚くべき回復力で翌年には復帰し、今も早池峰山を巡視している。その剣ヶ峰の道標もクマにかじられてしまったが、次の新しい丸太をM川さんが上げるのは難しいだろう。森林管理署の若い人にはぜひ「たすき一本背負い」の技を伝承してもらいたい。




早池峰山を時折、轟音と共にジェット機が通り過ぎることがある。自衛隊なのか米軍なのか、小田越の上空、早池峰山頂と薬師岳山頂の見通しよりも低い高さを飛んだり、鶏頭山と毛無森の間を飛ぶこともある。


2015.10.6

この日の飛行機は空色の双発ジェット機で、調べてみると航空自衛隊航空救難団のU-125Aという機体らしい。西から来て河原の坊~小田越上空を3往復し西へ去った。何の訓練なのか、まさか紅葉狩りではあるまい。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。