上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.06.16 お山開き2015
6月14日、国定公園早池峰山の山開きがあった。朝方小雨が降り始めた時はどうなるかと思ったがその後雨はやんで、予定通り山頂で安全祈願祭が執り行われた。


河原の坊コース沢沿いではタニウツギが満開に。


毎年6月第二日曜日と決まっている山開きにハヤチネウスユキソウが開花しているのは初めて見た。


地味だが早池峰山固有種のミヤマヤマブキショウマも開花。


チングルマはまだあった。


そして山頂を目指す人、人、人…


人人人人人…

山開きには一日で1000人前後の人が登山する。そうすると何が起こるかと言うと、


踏みつけによる高山植物の損傷。ハヤチネウスユキソウ。


ミヤマキンバイ

一日に多くの人が集中することで、たとえ登山道の範囲内であってもふだんは人が歩かない部分まで踏まれるので、踏みつけが多く発生する。環境への負荷を考えれば山頂での山開き行事はしないほうがよいといえる。しかし人間にとっては「年中行事」とか「にぎわい」とか「経済活動」などが大事なので山開きはなくならないだろう。


多くの人が山頂で神楽を見たいだろう。これはもともと早池峰神社の行事ではないが(神社の山開きは別にある)、なくなったら寂しい気がするだろう。権現様もお山で遊ばせるのがよかろ。去年は雨でお休みだったので二年ぶり。


山開き行事の前後に雨は降らずに済んだが風がやや強く、じっとしていると寒いくらいだった。どんなに下界が暑くても雨具と防寒着を忘れてはいけない。


そういえば先日涸れていた山頂の開慶水は水をたたえていた。


山頂直下の残雪は小さくなった。


コイワカガミが開花。


ナンブイヌナズナは満開。


固有種のナンブトラノオも開花が早い。山開きにヒメコザクラ、ハヤチネウスユキソウ、ナンブトラノオ、ミヤマヤマブキショウマがそろって見られることは滅多にないと思う。


イワウメはもう終わり。


そのイワウメの上でホシガラスがぴょんぴょん。


小田越コース一合目ではナナカマドがきれいに咲いていたし、


サラサドウダンも丁度よかった。
この辺りを歩いていた時、風に乗って神楽の太鼓が聞こえて来た。この日、午後から河原の坊登山口でも岳神楽が催されていた。地元の方が個人で奉納神楽を企画したのだ。


これも初めてのことで珍しい出来事だが、好きな人だけが道ばたに座って見ているのもなんだかよかった。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。