上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.06.03 開花情報
先頃、花の咲くのに遅いも早いもない、と坊主のようなことを書いたが、今年は確かに早い。小田越コース五合目付近でイワウメが見頃を迎えている。(写真は、特に記載のないものは2015.6.1)




例年より10日から二週間ほど早い。


2014年6月12日 ほぼ同じ場所で


2012年6月14日

今年は14日の山開きの前に、いろいろな花が終わってしまうだろう。




ミヤマアズマギクの白花。


キバナノコマノツメも咲いて来た。


ミヤマシオガマも見頃。


ミヤマオダマキも開花。


ヒロハヘビノボラズ


この日は空気が澄んで遠く鳥海山まで見えたので、愛用の35倍望遠ズーム付きコンデジを取り出して電源を入れると、「カードが入っていません」。どうも人間の方のメモリ機能のポンコツ化が進んできた。仕方なく、8倍の双眼鏡にスマホをくっつけて撮った。


岩の上でさえずるビンズイも、双眼鏡で。

昼の山頂はあたたかだったが、日によって2℃くらいの時もあり、まちまち。防寒着は必ず1枚は持つべし。


山頂の開慶水は涸れていた。もうどんな天変地異が来ても不思議とは思わないくらいの日本。
ほしがらす通信『お告げ』


山頂付近の雪はだんだんに減って木道が見えてきた。


小田越の樹林帯ではミツバオウレン。


ウスバスミレ


フデリンドウらしい。


このところよく、オトシブミの落とし物が落ちているので、作っているところを見れないかと頭上を探す。


いたいた。こちらが制作者。卵を産みつけた葉を器用に折りたたんで地面に落とす。


ダケカンバの葉っぱの上を行ったり来たり、葉脈をかんで切って折ってゆくのだが、ずいぶん時間がかかる。


ぼくは待ちくたびれたので、先に帰りました。こちらが完成品になります。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/136-f44f6ae1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。