上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先頃、岩手県の産廃処分場候補地となった花巻市大迫町亀ヶ森地区の沢地周辺に鳥類の観察に入ってみた。



ミサゴは今月中頃まで巣の中に座っていたが、どうしたわけか2羽とも巣の外に出てしまっている…まだ孵化していなければ抱卵か、生まれてもしばらくはヒナを抱いて座っているか餌を求めて飛び回っていなければならないはずだが。繁殖は黄信号か。

候補地になっていた沢地に入ってみると気持ちのよい小さな畑地と田んぼがあり、小川が流れている。そして「ピックイー」と鳴き声がして、サシバが飛び立った。


サシバの若鳥。風切羽と尾羽の一部が伸長中に見える。


サシバは近くのスギのてっぺんにとまった。


その後も田んぼの杭にとまって探餌したり、マツの枯れ枝にとまったりしていた。

サシバは春になると南西諸島や東南アジアなどから日本本土に渡って来て繁殖をする猛禽である。日本では田んぼのカエルなどを主に捕食しており、水田のある里山環境によって保たれているともいえる。環境省では絶滅危惧Ⅱ類、岩手県のレッドデータブックではBランクに指定されている。先の岩手県の産廃処分場の候補地選定ではⅡ類の猛禽類は除外すべき場所の基準に入っていたのだが、ここにサシバが生息していることは知られていなかったので、選ばれてしまった。筆者はこの周辺では生息を確認していたが、候補地のまさに中心で確認したのは今回が初めて。ここが処分場として開発されてしまっていたらサシバの生息地が消滅していただろう。身近な環境を普段から詳しく観察しておくべきだと改めて思った。


ここはまさにサシバの好きそうな環境。埋め立てられることにならなくて本当によかったと思うと同時に、このような水田を維持している所有者の方に感謝したい。


ミサゴは巣を離れて沢地の方の尾根まで来てぼんやりとまっている…いいのか?


亀ヶ森ペアの推定♂。ミサゴは環境省では準絶滅危惧、『いわてレッドデータブック』Bランク。


先週にはオオタカも付近を飛んでいた。環境省の準絶滅危惧種、岩手ではBランク。


さらに大迫地域では筆者は初認のハチクマが飛翔していた。繁殖ディスプレイの羽打ち飛翔をしていたのでわかったのだが。

…ハチクマ…? わかんねーよ!?



残念ながらまともな写真が撮れなかったが、ハチクマはやはり繁殖のために日本に渡って来て山の中で蜂を食ってる変わった猛禽。環境省の準絶滅危惧種、岩手県レッドリストではCランク。亀ヶ森で繁殖しているかどうか観察を続けたい。


ハチクマ(宮古市内で)

やはり亀ヶ森は豊かな里山だった。そういえばサンコウチョウ(岩手県Dランク)の鳴き声も確認した。ほかに、ノスリ、トビ、ヒヨドリ、キビタキ、オオルリ、センダイムシクイ、カワラヒワ、ツツドリ、カッコウ、アオゲラ、アカハラ、ホオジロ、ヤマガラ、キジバト、ウグイスなど。人家のある県道沿いの方ではツバメ、スズメ、ハシボソガラス、セグロセキレイ、カルガモ、アオサギ、モズ、イワツバメなども。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。