上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.25 紅葉情報
ここ一週間の冷え込みで、紅葉は思いのほか進んだ。今年は例年より早い。

2014年9月22日 河原の坊コース


頭垢離付近


頭垢離上


チングルマやナンブトウウチソウが紅葉していた。

9月23日 早池峰山〜中岳〜鶏頭山

中岳〜鶏頭山を経て岳へ縦走。午前7時頃、それまで山頂を包んでいたガスがとれ、スカっと晴れた。

140923_panorama.jpg
早池峰山縦走コースより南(薬師岳)〜西(中岳・鶏頭山)〜北西(遠くに岩手山)方向を見る
(クリックすると別ウインドウで見られます)


早池峰山から中岳にかけての北斜面の紅葉が見頃を迎えていた。縦走コースからしか見られない景色。




紅葉の中心はミネカエデ。


ミネカエデ


オガラバナ。




チングルマも美しい。


中岳付近。


中岳の西側にはちょっとした岩場があり、注意が必要。この日は上り6名、下り2名と、意外と多くの人が縦走コースを利用していた。


中岳の巨神兵…


途中の水場は、ただの水たまり程度になっていて、飲むには沸かす必要がありそう。


来た道を振り返る。右は薬師岳。


鶏頭山頂近くには、エゾオヤマリンドウが沢山咲いていた。


鶏頭山頂付近はまだ色づいてきたところ。


9月24日 薬師岳

翌9月24日、薬師岳へ。いつも薬師岳山頂の方が早池峰山南面より紅葉が早いのでそろそろいいはず。


遠望すると早池峰山の南面もこの数日で紅葉が進んだように見える。


小田越コース一合目の上や下がもう見頃のようだ。


薬師岳山頂の北側はまあまあ赤くなっている。


稜線上はあまりぱっとしない。


早池峰をのぞむ。


ミネカエデが綺麗に色づかないのに枯れてきているようなので、よく見てみるとあちこちに虫がいた。どうもイタヤハムシというこの虫が大量に発生してミネカエデやコミネカエデの葉を食べてしまっているようだ。紅葉がいまいち冴えないのはこのためだ。


オガラバナは美味くないのか食べられていなかった。ミネカエデも、頂上稜線では食べられ放題だったが、樹林帯の中ではハムシは見られず無事だった。


樹林帯のハウチワカエデ。


オオカメノキ


今年の早池峰山の紅葉は例年より早く、今週中にはピークを迎え、今月中には終わりそうだ。また、25日の雨でどうなるか…紅葉は一日で状況が変わるのでなかなか読めない。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://spottednutcracker.blog.fc2.com/tb.php/119-d7efb2b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。