fc2ブログ
今年、早池峰は国定公園に指定されてちょうど40周年を迎えました。
昭和57年6月10日にそれまでの県立自然公園から国定公園になったのです。
その周年を祝ったり記念したりする何事も、今のところ行われていません。
別に無意味なセレモニーをする必要はないと思いますが、これを見て関係者の皆さんはどう思うでしょうか。



かつて早池峰国定公園と書かれていたはずの物件です。



河原坊から県道を1.5kmほど下ったうすゆき山荘の向かいにあります。
コンクリート製のハリボテは表面がぼろぼろに剥がれていて見る影もありません。






穴空いて草生えてる。


丸太を模したものだったらしい。

国立公園の管理は国=環境省が行い、国定公園の管理は都道府県が行うので、早池峰国定公園の管理者は岩手県です。
このハリボテはおそらく岩手県が建てたものだと思います。
40周年を記念してこれに代わるものを建ててほしい、とは思いません。
ただ、このようなものを放置し続けるのはみっともないので撤去してほしいですね。



一方、こちらは県道をさらに下った笠詰付近にある国定公園の看板です。こちらは大迫町(平成18年に花巻市に合併)が建てたようです。
こちらも古色がついて草に埋もれ、もはや遺跡ですね。

考えてみれば、10年前に30周年も特にありませんでした。
周年記念がないこと自体はどうでもいいですが、なぜそういう話すら出ないかというと、ただ早池峰国定公園に対する行政の無関心ゆえです。それが残念です。岩手県であれ花巻・遠野・宮古各市であれ、もう少し早池峰に関心を持ってもらいたいですね。

これらの看板が建てられた頃、きっと行政にも地元にも今よりは活気があったのだろうなと思います。早池峰が国定公園になってきっと嬉しかったんだろうな。
このようなコンクリートの塊を自然公園に置いたり、今から思えば自然保護よりは観光振興的な色合いも濃く、それが早池峰山にとってよかったかどうかは分かりません。ただ、今は活気も何も、行政には早池峰に対する関心がないと思います。

シカ柵設置や登山道調査など、誰かに指摘されて必要に迫られた時には対処しますが、そもそも県も市も、早池峰国定公園をこうしていきたいというビジョンを持っていません。
担当者は数年で代わり、前任者からの引き継ぎもろくにないままに前年にあったことを毎年繰り返しているだけなのです。
早池峰山の価値をどのように守っていくかというビジョンなしでは、シカ対策事業も登山道の問題も後手後手に回り、手遅れになっていきます。
その価値はひとえに希少な高山植物群落にあります。登山者にとっても、早池峰山は花の名山として知られ百名山の一つでもあり人気の山です。その山が地元行政の無関心で荒廃していっていいものでしょうか。

周年を機会に、関係機関にはこれまでの早池峰国定公園のあり方をふり返り、これから10年後、20年後にどうなっていくべきか話し合って、ビジョンを示して頂きたいですね。

* * * * *

現実には、新しいことは毎年お願いしていることすらなかなか実現しません。
老朽化した河原坊の早池峰総合休憩所の修繕を何年も前から頼んでいますが、いっこうに着手される気配はありません。



今日は大雨で、休憩所では屋根からの雨漏りにいつもどおりバケツで対応していました。昭和の風景か。
スポンサーサイト