FC2ブログ
7月も中旬になり、山の花は見頃を迎えています。新型コロナウイルス対応のためシャトルバスが運行していない今シーズンは、登山者は土日には少なく平日に分散しています。8月2日(日)までの土日祝日はシャトルバスの運行はなく、ただし交通規制はありますのでお気をつけ下さい。

早池峰山車両交通規制及び2020シャトルバスの運休のお知らせ


さて、今日はそれとは直接関係ない話です。

少し前になりますが、5月24日(日)、早池峰山の登山道外でロッククライミングを楽しむ8人のグループの姿が見られました。



場所は閉鎖中の河原坊コース登山道の打石(1686m)〜千丈ヶ岩(1750m)の西方約100mの岩場です。
当該グループは通行禁止のバリケードが置かれた河原坊登山口から入山し、河原坊コース登山道を打石(1686m)付近まで登り、登山道を西側に外れてトラバース、岩場に取り付いたとみられます。
たまたま、河原坊コース頭垢離に設置された防鹿柵の見回りに入っていた自然公園保護管理員(筆者)が発見しました。


現場はこの辺り。

グループはヘルメット、ロープその他登攀器具を装備してロッククライミングを行なっていました。発見した時すでに午後1時ごろだったので、現場まで確認に行く間に山頂稜線に抜けられては追いつけないと思い下から監視していましたが、一行は違う岩場を何本か登ったあと上には出ずに打石の方に戻り下山する様子でした。

さて、このクライミング行為にはいくつかの問題点がありました。

一つは、通行禁止措置がとられている河原坊コースを通行しているということ。通行禁止は、登山道の管理者である岩手県生活環境部自然保護課が取っている措置で特に法的に罰則等のあるものではありませんが、重大なマナー違反ということになります。

次に、クライミングの行われていた場所は早池峰国定公園の特別保護地区になります。そこでクライミングを行うことに対する規制はないのでしょうか。実は、国定公園や国立公園について定めた自然公園法には、山岳登攀を禁止する条文はありません。しかし登攀自体を禁止していなくても例えば、岩にハーケンを打ち込んだりすると当てはまりそうな「土地の形状変更」には知事の許可が必要です。これに違反した者は六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金が科されます。

また、早池峰山にかかっている法規制は自然公園法だけではありません。文化財保護法もあります。早池峰山の高山帯と植物群落は、「早池峰山および薬師岳の高山帯・森林植物群落」として特別天然記念物に指定されています。「その現状を変更し、又はその保存に影響を及ぼす行為をしようとするときは、文化庁長官の許可を受けなければならない」のです。こちらの違反には五十万円以下の罰金。

5月24日の彼らは、登攀用の支点作りには岩を傷つけないナチュラルプロテクションなどを使用しているようにも見えましたが、すべての支点で岩に穴を開けなかったかどうかは確認できていません。


左はクラックにナチュプロをかませている様子だが右は?


器具は回収していった。

さて、実は早池峰山の登山道外でのクライミング行為における問題は、岩に傷をつけたかどうかだけではありません。
今回のご一行様は、岩場への出入りに登山道外の高山植物帯を歩いていました。



自然公園法では、国定公園の特別地域での「指定植物の採取・損傷」にも事前に知事の許可が必要です。違反した者は六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金。(追記:特別保護地区内では、指定によらずすべての植物の採取等に知事の許可が必要)
また、「岩手県希少野生動植物の保護に関する条例」でも、「指定希少野生動植物」の「生きている個体を捕獲、採取、殺傷、損傷してはならない」と定められています。違反した者は1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

早池峰国定公園の指定植物には200種を超える膨大な種が指定されているのでここに書くことはできませんが、早池峰山の高山植物帯で見られるほとんどの植物が該当します。また、「岩手県希少野生動植物の保護に関する条例」の方では、ハヤチネウスユキソウやナンブトウウチソウなど10種類が指定されています。
つまり、これらの植物を踏んで歩いて損傷した場合、上記の法律違反に問われることになるのです。

また、先ほどの文化財保護法に照らしても、文化庁長官の許可なく特別天然記念物である高山植物群落を損傷(現状変更)すれば五十万円以下の罰金となります。

最後に、国有林の規程についても触れておきます。早池峰山(鶏頭山から早池峰山を経て高桧山の西側に至る早池峰連嶺)と薬師岳のだいたい標高1000mから上のエリアは「早池峰山周辺森林生態系保護地域」の「保存地区」に指定されています。そこでは、既設の登山道、山小屋等の周辺以外は原則立ち入りができないことになっています。


うすゆき山荘の前に看板があります。

このように、今回のクライミング行為は「自然公園法」・「文化財保護法」・「岩手県希少野生動植物の保護に関する条例」の三つの法令と「早池峰山周辺森林生態系保護地域」の規程に違反している可能性がありました。

その日、当該グループはなかなか下山してこなかったので我々自然公園保護管理員は直接問い質すことはできませんでしたが、駐車してあった車から岩手県内のグループらしいと思われました。そこで、岩手県自然保護課に報告し、県から岩手県山岳協会等に問い合わせてそうした行為を行なった山岳会などが判明した場合、当人達に事実確認を行い、今後はしないように注意をしてほしいと要望しました。

それから一月半以上経ちますが、何も進展があったとは聞いていません。私はここに情報を公開し、これがもし当人達か知り合いの目に触れるならば、このような行為は法令違反に問われる可能性があると知ってもらいたいです。

私はクライミングという文化を一概に否定するものではありません。しかし、早池峰山にこれほど厳しい規制の網がかけられているのはひとえにその高山植物群落の希少価値からです。そこが他のどんな岩場とも違っている点です。岩に登りたいなら日本中、いや世界中にゴマンと岩場はあります。岩の隙間のわずかな土壌に根を張る早池峰の高山植物がどれだけ脆く厳しい生育条件の中で生き残っているか。希少な植物を踏み越えてする岩遊びはやめてもらいたい。

これは、毎年数組のグループが行う、「奧鳥沢から早池峰山縦走コースへ登る沢登り」にも言えることですが、それについてはまた機会を改めたいと思います。

10/28 追記:
この件について、岩手県自然保護課は9月には当該グループを特定し、こうした行為をしないよう指導し、代表者は反省していたとのことです。
スポンサーサイト