FC2ブログ
前回の続きが気になるところですが、紅葉が始まりましたのでふわふわ通信は後回しにします。
9月も下旬になり、早池峰山では紅葉が始まりました。


九合目〜山頂稜線上で、ミネザクラがまず染まります。 2019/9/20


ミネザクラ 2019/9/20

早池峰山の紅葉は、風景が見渡す限り赤くなる、と言うようなものではありません。
ハイマツやコメツガ、アオモリトドマツなどの常緑樹の中にミネザクラ・ミネカエデ・オガラバナなどが彩りを添える程度です。
ただし、足元をよく見れば、夏に花で楽しませてくれた草が紅葉しているのを楽しむことができます。


ミヤマヤマブキショウマも美しく紅くなります。山頂稜線上で。2019/9/20


岩の隙間のわずかな土に根を張るチングルマ。山頂付近で。2019/9/20


ウラシマツツジ 小田越コース六合目付近。2019/9/20

あまり天気のよくなかった連休が終わり、雲が晴れてみると中腹のミネカエデも色づいていました。

2019/9/25

この数日で朝晩の気温が下がり紅葉が進み、今日は早池峰山の中腹から一合目付近までのミネカエデが見頃に、また薬師岳は山頂から北面の紅葉が見頃になりました。(以下、写真は全て2019/9/26)


薬師岳山頂稜線

早池峰山と小田越を挟んで向かい合う薬師岳には固有の植物はなく、訪れる人も早池峰に比べれば少ない山ですが早池峰山より勝るものが一つあります。それは紅葉です。薬師岳は毎年9月下旬には紅葉の見頃を迎え、山頂稜線上と北側斜面のミネカエデやオガラバナなどが目を楽しませてくれます。一望できる景色の中の紅葉の密度では、早池峰山の上を行く見事さです。


この時期の薬師岳は青空とカエデの赤、アオモリトドマツやコメツガやシャクナゲの緑、花崗岩の灰色が織りなす色彩鮮やかな景観です。

それでは薬師岳の紅葉をお楽しみください。










ミネカエデの紅葉と早池峰山

紅葉は標高の高い方から見頃を迎え、これから1週間〜10日前後で河原坊付近まで下がってきます。

山はもう日中でも気温が一桁のこともあります。そこに早池峰山特有の西風が吹けば体感温度は氷点下にもなります。これからの時期はフリースやダウンなどの防寒の備えが必要です。また、日没も早まりますので出発も早めを心がけたいものです。

スポンサーサイト