FC2ブログ
2019.03.30 あと1ヶ月
3月も末になって雪の岩手内陸ですが、あと1ヶ月ほどです。
何が…春が?大型連休が?
シカが早池峰山に上って来るのが。


2019.3.16 内川目・笠詰キャンプ場近く

早池峰山の登山口から西に下ること8kmほどの地点。シカが樹皮を食べた跡です。


県道25号の、今はまだ冬季通行止のゲートの中、笠詰キャンプ場の上側です。


その少し上にまた別の食痕がありました。




林内には足跡も濃く、


糞も多数。これは仔鹿のものでした。

知り合いのハンターさんによると、3月になるとある日突然、樹皮食いが始まるそうです。その理由はよく分かっていません。


ここのササは雪が降る前からボウズでした。


こちらは地面を掘り返しています。周りのササに葉はありません。


キャンプ場の法面のササは、最近食べられたようです。足跡が新しかった。

この春、岳地区つまり鶏頭山麓周辺での樹皮食いや糞・足跡などのシカの痕跡の多さは、今までにないシカの生息密度の濃さを示しています。かつてこの時期にこれほどだったことはありませんでした。
単純に考えれば、それだけシカの数が増えているということになります。

野生生物の個体数を推定することは難しく、必ずしも個体数が増えているとは言えないのでは?という考え方もあるかもしれません。
しかし、増えていないという証拠もなく、ただある事実は、これまで毎年シカの痕跡は増え続けていて、目撃も増え続けていて、あるエリアでいくつかの種類の植物が姿を消しつつある、ということです。そしてそれは今のところ、自然に以前の状態に戻ることはないということです。

この冬、早池峰山麓は雪の少ない冬でした。人にも楽でしたが、シカにとっても。雪の多い冬にはシカの死亡率が上がるという研究がありますが、この冬は生き延びやすい冬だったでしょう。仔鹿の足跡の多さはそれを裏付けているのではないでしょうか。

雪が消えると、いや消えるか消えないかのタイミングで、シカたちは早池峰山に上がってきます。
去年、5月6日に私は早池峰山南面の標高1360m付近でシカを見ました。ダケカンバの林の足元にはまだ雪がある時に。>ほしがらす通信「春はシカとともに」参照
あと1ヶ月というのはそういうことです。

幸い、今年は岩手県と東北森林管理局で、去年以上の規模で高山植物保護のための柵を設ける計画があるようです。
それをシカより早く、食べられては困る植物の周りに立てる必要があります。
残念ながら、優先度の低い植物は今年も姿を消していくでしょう。

私たち人間は生きることに忙しい。自己実現とか、異動とか、昇進、年金、保険、大通りや桜山での歓送迎会…
シカにとって生きることとは?食べて、食べて、食べて、子を成す。それだけです。

勝ち目はありません。

備えを。

スポンサーサイト