FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.07.15 シカ続々
7月も半分過ぎ、花は入れ替わりながら次々と見頃を迎えている。
が、今回はシカの話。

今春、早池峰山域にニホンジカの侵入を防ぐ手立ては全く取られなかったために、5月から続々とシカが侵入していることはすでに書いた。
(ほしがらす通信・春はシカとともに参照)

それでも岩手県自然保護課のはたらきで自動カメラが増設されることになり、早池峰シカ監視員のハンターさんがあちこちにカメラを仕掛け、今までよりもシカの侵入の証拠が残るようになった。(写真提供・シカ監視員さん)



閉鎖中の河原坊コース、通称「御神坂(おみさか)」1420m付近、6月8日。



明らかに地面の草を食べている。



そこにあったのは、オオバギボウシ。6月15日に確認。
この場所では数年前からオオバギボウシに食痕が見られたが、今回ニホンジカによるものと確認できた。

この付近で私は昨年、早池峰山固有種のミヤマヤマブキショウマにも食痕を確認していた。そのためシカ監視員さんにこの場所へのセンサーカメラの設置を頼んだのである。



その後もシカの姿が写っている。6月23日。若いオスとみられる。



6月30日。こちらは立派な袋角を持ったオス。

さて、御神坂から少し下った1400m付近、通称「頭垢離(こうべごり)」から尾根に上がった地点。ここでは昨年、やはり早池峰山固有種のナンブトウウチソウに食痕が認められた。
そこにもカメラを置いてもらった。



6月10日。左端にちらりと写っている。コブのようなツノが見えるのでオス。



6月26日。若いオス。君がまたいでるナンブトウウチソウ、まさに去年食われてた株だよ!

ハンターさんによると、まず先遣隊として若いオスが侵入し、その後メスが群れをなして入って来るという。
今年、私は5月6日にはこの場所の東対岸でメスか若いオス(ツノが確認できなかった)の姿を、やや下った1250m付近ではメスの警戒声を確認した。(ほしがらす通信・春はシカとともに

一方、小田越コースでも樹林帯内で食痕は目立っている。



6月7日には標高1500m付近に設置されたカメラに複数のメスが写った。


というわけで、まあ、去年までの結果から予想されていたことがそのまま、というか予想を超える現実になっているのですが、今のところ人間がしたことといえば、カメラで証拠を取っただけです。

昨年から私などはシカの捕獲には限界があるから早く柵をしてくれと申し上げてきたが、これまでのところ完全に出遅れている。
金と権限を持つはずの岩手県自然保護課と東北森林管理局ではついに柵の設置に動き出した。県ではこれから先進地である南アルプスに視察に行くとか。

夏終わるよ…


私は、一昨年、昨年とシカによって被食されたために花が咲かなくなったばかりか株も無くなりそうなマルバキンレイカの群落に、6月になってやっと柵を設置した。ほっといても誰もやってくれそうにないから。






この場所には今年も度々シカが現れていた。通り道なのだ。(5月12日)



柵を設置したその日の夕方には早池峰生まれらしいバンビちゃんが柵のそばに写っていた。(6月21日)

しかしその後、シカはあまりカメラに写らなくなった。ハンターさんによると、シカは人間の痕跡を警戒するのだという。だとすれば柵の効果はあったのだ。



柵の中のマルバキンレイカも今のところ無事だ。このまま回復してくれることを願う。

こんなことは本当は去年やればよかったのである。この柵にいくらかけたと思いますか?ダイソーで集めた材料は総額税込864円、それに事務所にあったビニールひも。合計1000円にもなりゃしない。
私たちは本当にボンクラで怠惰だ。昼間はあれこれ観察したり懸念したりしていても山を降りれば家で飯を食ってくつろいで、シカのことなど忘れて寝てしまうんだ。

シカは24時間早池峰の森の中にいて、彼らに必要な草を食ってる。それだけの話だ。


今月末に、自然保護課と森林管理局は柵の設置場所を考えるため視察に来るらしい。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。