FC2ブログ
例年になく多かった雪もいつの間にやら消えて、春は来るものだと感慨深い。


2018.3.28 大迫町岳より早池峰山(中央)と中岳(左)


あっという間に岩肌が出た

とはいえ、山頂にたどり着くためにはまず冬季通行止めの雪の県道をテクテク歩いて登山口までたどり着き、樹林帯はまだまだ雪なので柔らかくなった湿雪をズボズボ歩いて稜線に出なければならない。遠目に雪がないように見えても実際には思ったよりあるものだ。まあ、経験のない人は山開きを待ったほうがいいですよ。時々、無雪期にも来たことがないのに積雪期に登りに来る人がいるが、何を考えているのか理解に苦しむ。


ゲートは5月9日に開くそうな。


さて、早池峰山よりはるかに下った大迫町亀ヶ森地区のミサゴの巣には、ミサゴが繁殖のため戻ってきていた。


2018.3.27 蜃気楼でぼやけている。


このアカマツは2年くらい前から松食い虫にやられて枯れてしまったが、ミサゴの巣の巣材もだいぶ落ちたように見え、一層みすぼらしくなった。巣材を足した方がいいんじゃないかねえ。


2016.7.26

2年前には真っ赤だったがもう少しマシだった。今や枯れた松葉が全部落ちたのだな。
いつかは幹が折れるんじゃないかと気になっている。

スポンサーサイト