上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成29年大迫あんどんまつり各組の山車

8月14日

上若組


正面 風流 天狗


見返し 風流 連獅子

下若組


正面 飯縄権現


見返し 宿場乃夜

若衆組


正面 風流 葛城山


見返し 膝丸

川若組


正面 風流 大相撲


見返し 風流 三太郎

今年は大迫の町割りが整備されてから400年だというので弘前のねぷたが招かれたせいもあり、人出は多かったようです。



さすがに津軽衆は囃子も荒っぽく勇壮で、大迫あたりの、つまり南部ののんびりした人々はびっくりしたのではないでしょうか。おれはびっくりした。


8月16日

上若組


正面 風流 平九郎蛇退治


見返し 風流 阿弥陀如来

下若組


正面 天竺徳兵衛


見返し 五条大橋

若衆組


正面 毘沙門天


見返し 不動明王

川若組


正面 風流 文殊菩薩


見返し 風流 布袋尊




-----------------------------------------------------

すっかりブログの更新が滞っているが、これには訳があって(モチベーションの低下だけでなく)、インターネット接続環境の問題である。

筆者は今年、大迫の中心地からやや外れた地域に引っ越したのだが、ここにはインターネットの光ケーブルが通っていない。大迫の街なかでさえNTT東日本くらいしか光を引いていないのだが、私の住んだところは今後も整備する予定がない地域なのだという。
現在、花巻市内では全世帯比の約96.4%にあたる地域で光ブロードバンドが使えるが、大迫の内川目・外川目地区、東和の小山田地区の一部・浮谷内地区・田瀬地区には光ファイバー回線がない。NTT東日本ではこれらの地域は「将来を含め光ブロードバンド整備の対象としていない」そうな。多分、都会(花巻市内でさえ!)に住んでいる人はそんな問題が日本にあるなんて考えたこともないだろう。

筆者は引っ越しにあたりそれまで入っていた光回線の契約を解約し、今の家ではそのあたりで唯一繋がるドコモの電波で、普段はスマホでインターネットを見ている(パソコンで見るときはテザリング)。ところがそれではブログの画像のアップロードなどのデータ送信に難がある。そこで大迫の図書館にあるwifi(大迫総合支所と同じ設備)を使って容量の大きいデータ通信をしているが、図書館は午後6時には閉まってしまう。6時以降は支所の駐車場に駐めた車内でwifiに接続してデータを送ったりしている(たった今もそうしている)。ところがこの「役場ワイファイ」は1時間で接続が切れてしまうのでその度に登録したパスワードで再ログインしなければならない。

このあんどんまつりの原稿も一週間前に作成し、駐車場の車内から「役場ワイファイ」経由で記事を保存しようとした。ところが接続が切れていて、保存されていなかった原稿が全て消え真っ白な入力画面が残った。私は絶望して、暗くなった車内で静かにノートパソコンを閉じた。

早池峰山の向こう側、日本で最後に電気が通ったというあのタイマグラ集落でさえ、数年前には光ケーブルが通ったというのに!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。