土砂崩れのため昨シーズンから閉鎖中の河原の坊コースで、登山道脇の植物にニホンジカのものと思われる食痕が昨年増えたことは以前書きました。今年度の振り返り2 河原の坊コースのシカ食害

今年は去年を上回る勢いで、春初めから多くの植物に食痕が目立っています。今年の特徴は、芽が出たばかりの植物を地表近くで食べていることと、木本類の若い葉を食べていることです。(写真は6/7と6/24)


出たてのイタドリを低い位置から食べることは、去年の春にはありませんでした。


クガイソウも早々とやられています。


タマガワホトトギス


いつも人気のセリ科(オオバセンキュウかエゾノヨロイグサ?)


アザミの類


懸案のマルバキンレイカは去年被害のなかった高い位置の株が食べられていました。


ここのシロバナトウウチソウは去年からシカのレストランみたいになってました。


ゴマナ?


タチカメバソウ


ナナカマド


ナナカマドは枝をわざわざ折って若い葉を食べています。


ウリハダカエデ


タニウツギは花期を迎えていましたが(6/24)


このように食べられて寂しくなってしまったものもあります。


ここは足下の草もさっぱりとなくなってしまいました。


この辺りは今どきは草が茂ってダムは見えづらいはずなのですが、草刈りをしたようにさっぱりしています。

河原の坊から小田越に続く県道25号沿いでも、木の葉を食べるのが今年は目立っています。


アオダモ?に多く食痕が認められました。


ハウチワカエデ

このほか、ツツジ科の木にも食痕が多かったです。
草本では、フキ、トリアシショウマ、ヤグルマソウが前から好物です。


トリアシショウマ

ヤグルマソウ


小田越周辺でも今年は食痕が増えていると聞きます。小田越の管理員さんは、オオバタケシマランが食べられてさっぱりなくなってしまった、と話していました。
岩手県では、早池峰山周辺地域シカ監視員を任命して、鳥獣保護区内でもニホンジカを捕獲できるようにしました。


スポンサーサイト