2017.05.07 半年ぶりの山
この連休は比較的天気がよく、何人もの登山者が早池峰山に登りました。私も5月3日に半年ぶりに小田越ルートから早池峰山頂まで行きました。
このブログは全く速報性に欠けるメディアになっていて早池峰山現地情報と言えるようなものではなくなっていますが、とにかく報告まで。。(写真はすべて2017年5月3日)


県道25号は5月12日(金)まで冬季通行止め中ですが、花巻側は小田越まで除雪が済んでいました。

山の雪はかなり融けたように見えますが、小田越から一合目までの樹林帯は例年通り雪が残っています。これから6月11日の山開きの頃までに少しずつ融けていきます。ところどころ踏み抜くこともありますが、雪はしまっているのでわかんやスノーシューがいるほどではありません。スパッツはあった方がいいでしょう。


夏の道が出ていない樹林帯は迷いやすく、この日も登りと下りで別のトレースが出来ていましたが、まあ皆さん無事に往復していたようです。また雪が融けてくるとトレースも変わってきます。


五合目付近より山頂方向を望む。小田越コースの一合目から九合目まではすっかり夏の道が出ています。


そういえば二合目あたりでカモシカがじっとこっちを見ていました。


岩に顔をすりすり


九合目から山頂までは雪の上を歩くことになりますが、こちらも雪がしまっていてわかんやスノーシュー、アイゼンなどは必要ありません。スパッツはあった方がいいでしょう。


夏より歩きやすく、コースタイムは短縮できます。


山頂避難小屋は軒まで埋まっていて掘り出すのは骨なので諦めました。


奥宮・若宮前の広場にも雪が残っていました。

この日は空気が澄んでいてかなり遠くまで眺望がきき、岩手山、焼石、栗駒という近場から鳥海山はもちろん、八甲田、さらには岩木山まで!見えました。海はいつもの宮古湾だけでなく、釜石沖あたりから久慈方面の海まで見えました。こんなことはめったにありません。


七合目付近より南西方向。栗駒、焼石、鳥海山が見える。


山頂から北西方向。秋田駒〜岩手山、岩木山(写真では見えない)、八甲田など


山頂より東方向。剣が峰、宮古湾


帰りは行きと同じ小田越に戻りました。薬師岳の北面はいつものことですがしばらく雪が残ります。


四合目付近でありがたくないものを見つけた。使用済みの携帯トイレです。中身ずっしり。
こんなものを見たくはないので持って下りました。山開きの前であれ、いやこの時期に入山するのであれば尚のこと、登山者には携帯トイレを使用し持ち帰る意識が求められます。それが好きな山を守り、ひいては良識ある登山者としての自分の尊厳を守ることになります。


河原の坊コースは昨シーズンから土砂崩れのため通行禁止となっています。今年も岩手県による通行禁止の正式な解除がない限りは登下山に使わないようにしましょう。


スポンサーサイト