上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
県道のゲートも11月4日に閉まり、登山シーズンのことはすっかり終わったことになっていて、今月は1回も記事を書かずに終わるところでした。
忘れてしまう前に今シーズンに書き残したことを振り返ってみたいと思います。

5月29日の記事でも書いたとおり、2016年5月26日の夜から27日未明にかけての降雨で、早池峰山河原坊コースの標高1740m付近から下方に広い範囲で土砂崩れが起き登山道の一部が流失しました。5月28日に登山者からの通報で自然公園保護管理員が現場を確認し、28日午前11時から登山道を閉鎖、今に至っています。(早池峰山河原坊登山口と小田越登山口に通じる県道25号は、すでに花巻市大迫町岳〜宮古市タイマグラ間で冬季通行止めに入っています。)
概要は6月2日の記事にも書きましたが、こちらの画像↓でなんとなく分かると思います。(クリックで拡大)

河原の坊コース崩壊状況20160529

今回は特徴的な現場の写真と、崩壊地のその後の変化を追った写真を載せておきたいと思います。筆者が自然公園保護管理員の勤務中に情報収集のため撮影したものです。


崩壊の源頭部:標高1764m付近、千丈ヶ岩より上部の登山道の東側 中央の白っぽい石の下から崩れ始まっています。(2016年5月29日)

senjougaiwa160529.jpg
千丈ヶ岩付近の崩壊地。登山道が土砂で流れてわからなくなっています。浮き石が堆積しており非常に危険です。千丈ヶ岩の標柱も埋まっていました。(2016年5月29日)(クリックで拡大)


打石の標柱も落石で倒されていました。(2016年5月29日)

打石下160529

打石の下も、登山道が流されて下の岩盤が露出しています。浮き石も多くなっています。(2016年5月29日)(クリックで拡大)


御神坂(おみさか)と呼んでいる、頭垢離とござ走り岩の間の登山道上に、上から落ちてきたと見られる高さ1mほどの石が立っています。(2016年5月29日)


もっと驚いたことには、標高1377mの頭垢離の沢に、大岩が落ちて来ていました。この石が登山道を走って来た痕跡が、上の登山道脇に残されていました。つまり登山道のあるところだけ見ても崩壊の痕跡が高低差400mにわたって確認できたということです。(2016年6月19日)

それでは、この後は大規模に崩壊した千丈ヶ岩の上の崩壊地の推移を見てみたいと思います。2016年6月8日、8月28日、9月26日の三回に同じ地点から撮影し、合成しました。岩手県内に甚大な被害をもたらした台風10号は8月30日に通過しましたが、早池峰山の南西側では降雨はそれほど多くなく、この現場でも影響はほとんど感じられません。

160608.jpg

(クリックで拡大)

160828.jpg

(クリックで拡大)

160926.jpg

(クリックで拡大)

この3回を比べると、表面の細かい土は雨などで徐々に流されているのでしょう、下の岩の露出が広がり、また残された石ころも径の大きいものになって来ています。

来年もおそらく河原の坊コースは閉鎖して経過観察することになるのではないかと、個人的には思っています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。