上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年から1年に1回、早池峰山の22地点で空間放射線量を測定している。といっても、測定器は花巻市で貸し出している簡易測定器で、γ線しか測れないし測定方法も各地点1回だけ(日帰り登山のなかで測定するので2回以上測る時間がない)なので誤差がどの程度生じているのか分からない。あくまで参考程度のものにすぎない。4年分並べてみてなんとなくわかるのは、①2012年よりはおおむね放射線量は下がる傾向にある。②岩石の上よりも土の上の地点の方が放射線量が高い。ということぐらいである。

震災直後、関東などの知人から「岩手は放射能は大丈夫か」と心配されたが、岩手県花巻市は福島第一からの距離は約250kmで、同地から東京までの距離とほぼ等しい。「東北は危ない」といういいかげんなイメージで捉えられていたが、実際の空間放射線量は東京とほぼ同じか、都内の方が高い地点もあった。事故から4年たった今、周囲で放射線のことはあまり話題にならなくなっている。大迫支所で簡易測定器を借りたら前回借りたのは1年前の自分だった。

早池峰山登山道周辺の空間放射線量簡易測定結果(クリックで拡大)
早池峰山空間放射線量
各地点の写真などは2013年12月の記事を参照のこと>2013年12月7日


正面コースからの鳥海山 2015.10.23


山頂避難小屋前  携帯トイレは避難小屋の中の無人販売箱で買える。 2015.10.23


小田越 2015.10.25

一昨日は鳥海山が見えるほどよく晴れたが、今日は曇り空に冷たい西風が吹いて早池峰山に少なくとも4回目の雪が降った。冬が近い。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。