とうとう大晦日になってしまった。なかなかブログに手が回らなかったが今月の記事ゼロというのもなんだし、書いておかなければならないことがあるのでようやく更新する。

「花巻市大迫町亀ヶ森地区のミサゴ営巣地と産業廃棄物最終処分場問題」まとめ

・花巻市大迫町亀ヶ森地区に、筆者が2009年から営巣を確認しているミサゴの巣がある。
・ミサゴは魚食専門の猛禽類で、環境省の指定する準絶滅危惧種、岩手県レッドデータブックのBランク。


ミサゴ(宮古市で筆者撮影)

・亀ヶ森のミサゴは毎年3月から8月ごろ営巣地で繁殖し、2009年から2014年の6年間で4回はヒナをかえした。


2011年4月 亀ヶ森で筆者撮影


・そのミサゴの営巣地が岩手県の産業廃棄物最終処分場の候補地に選ばれている。



・候補地選びは最終段階まできていて、5箇所の候補地から1箇所が、今年度内に選ばれることになっている。
岩手県公共関与型産業廃棄物最終処分場整備候補地選定結果報告書

・日本野鳥の会北上支部では、希少猛禽類保護と生態系保全の観点から、亀ヶ森の営巣地を候補地から除外するよう求める意見書を岩手県に提出した。

意見書_Fotor

意見書2_Fotor

・意見書(2014年11月26日)の骨子
 ①当該地はミサゴの営巣地があるほか、周辺ではサシバ、オオタカ、ノスリなどの生息も確認されており生物多様性に富んだ豊かな自然が保たれているので、産業廃棄物最終処分場の候補地としては不適当であり、除外を求める。
 ②県は候補地選定過程において、自然環境の保全の条件として環境省の基準のみを用いているが、岩手県には独自に作成した「いわてレッドデータブック」があり、それを活用すべきである。「いわてレッドデータブック」を基準とした場合、ミサゴの営巣地である亀ヶ森は候補地として不適当であり、除外を求める。


亀ヶ森では環境省の絶滅危惧Ⅱ類のサシバも毎年繁殖行動が確認されている。2012年6月亀ヶ森で筆者撮影

・県の回答(12月5日)骨子
 ①候補地選定過程においては環境省の基準を用い、2013年の9月の時点での猛禽類の生息情報をもとに選定した。
 ②最終的に候補地が決まったら「いわてレッドデータブック」を活用して環境影響評価を行う。

県回答_Fotor

野鳥の会への回答に先立って、岩手県による時期最終処分場に関する説明会が花巻市大迫町亀ヶ森地区で11月29日に開かれた。地区住民など約150名(岩手日報、岩手日日など新聞報道より)が出席し、住民からの質問や反対意見が相次いだ。

・参加者の意見のまとめ
①自然保護や文化財保護の観点からの反対意見
 ・ミサゴなど希少猛禽類の生息地であるので候補地から除外すべき。
 ・候補地内に埋蔵文化財包蔵地である縄文遺跡の「宮沢遺跡」が含まれるので候補地から除外すべき。
②地域の産業である農業や観光への影響を懸念する意見
 ・処分場が出来ると農作物への影響や風評被害が出る恐れがある。
・処分場の施設の耐用年数は50年だというが、その後どうなるかは誰にも分からない。
 ・早池峰山や神楽を観光資源として持つ大迫地域に産業廃棄物最終処分場は相容れない。
③候補地選定過程における住民参加の手続きに対する意見
 ・候補地の裏側の紫波町で農業をしているが、紫波町の住民には何の説明もなく不誠実だ。
 ・候補地選定の話は青天の霹靂で、この1回の説明会で意見を聞いただけで決めるというのは納得できない。

・県の回答まとめ:
①ミサゴの巣は承知していた。選定過程で厳しい条件で環境アセスをしていると時間がかかるので緩い基準で選んだ。宮沢遺跡に関しては承知していた。報告書に示した100haには入っているが、処分場の候補地の30haには含まれていないので、除外しなかった。
②処分場からは汚染物質は出ない。皆さんの郷土愛が伝わって来た。
③紫波町は分水嶺の反対側なので説明会は開かない。岩手県内のどこかに処分場は作らなくてはならず、今年度内に決めなければならない。皆さんのご意見は伺った。


県は説明会で何も言っていなかったが、実は現在稼働中の産業廃棄物最終処分場「いわてクリーンセンター」では、今年の4月に汚染もれがあったことが、毎日新聞で報じられていた。



県は3月末までに5箇所のうちの1箇所に候補地を決定し、測量に入るスケジュールとなっている。
11月29日の説明会の雰囲気は、これで亀ヶ森地区に決定したら暴動が起きるだろうという大反対の熱気にあふれていたが、県がその住民の意志を最終決定にどのように反映するかは分からない。亀ヶ森地区住民のみならず、旧大迫町地域住民、花巻市民(処分場の処理水は稗貫川から石鳥谷地区を通り、北上川へ注ぐ)、近接する紫波町町民は今後の動向を油断せずに注視する必要がある。

今月末までのその後の動き
・亀ヶ森地区住民や市議会・県議会議員が、候補地の見学会を行った。
・亀ヶ森地区住民が反対署名を800数十名分集め、提出する予定。

... 続きを読む
スポンサーサイト