上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.27 冬支度
おとといあたりの雨が山では雪でした。
これで冠雪は今シーズン三回目でしょうか。今朝は標高1500m付近から上に雪がついていたようです。


午前9時頃

中岳や鶏頭山、薬師岳なども白くなっていましたが、日の当たる場所は昼ごろにはとけてしまいました。


打石では日陰に少し残るくらい。


それでも山頂には「エビのしっぽ」が残っていました。


山頂北面の亜高山帯針葉樹林は粉砂糖をかけたようです。


日向はあたたかくなりましたが、日陰は氷点下。


このままとけずに明日になりますね。


コメツガ


ハイマツも


この木は何だったかな?

雪が本格的に積もると、このあたりの草木はすっかり雪に埋もれてしまい、6月の山開きの前後にやっと顔を出すくらいです。一年のうち半年以上雪の下で生きているわけですね。何とも強靭な生命力です。


小田越に下山する途中、遅咲きにも程があるミヤマキンバイが咲いていました。毎年遅くにいくつか咲きますが、今頃はもう蜂も蝶も見かけないので受粉は期待していないのでしょうか。

というわけで今年の登山シーズンはほとんど終わりですが、これからまだ早池峰に登ろうという方へ...
河原の坊や小田越の登山口を通る県道25号紫波江繋線は、例年11月20日頃に花巻市大迫町岳と宮古市江繋タイマグラでゲートが閉まり、その区間は翌年の5月20日頃まで通行止めとなります。今年の冬季通行止め開始は、11月18日(金)12:00になっていますが、降雪の状況によってはもっと早くにゲートが閉まることがありますのでご注意下さい。去年は10月末に小田越の辺りにも積雪があり、大型トラックがスリップする事故が起きたため、11月1日にはゲートが閉まってしまいました。道路の通行止めの情報は、岩手県道路情報提供サービスでチェックしてください。(←じつはこのサイトの道路カメラでいろいろな場所の積雪状況を見るのが冬場の地味な楽しみです...)

これからは里で雨の時は間違いなく山は雪になります。晴れていても山頂の温度は氷点下。早池峰にまだ一度も登ったことがない方、防寒の用意のない方、また暖かい地方から来るため冬タイヤって何?というような方は無理せずどうぞまた来年お越し下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。