FC2ブログ
雨だったり台風だったりしているうちに紅葉は小田越を下り、今日は河原坊あたりから下まで下がってきました。早池峰山や中岳の中腹の紅葉は、台風で飛んでしまったようです。


10月2日、小田越から川井側へ少し行ったところ。


10月3日、小田越樹林帯のハウチワカエデ。


10月6日、小田越から河原坊側に県道を数百メートル。もう結構ミネカエデなどの葉は落ちています。


10月6日、河原坊の総合休憩所(ビジターセンター)脇のウリハダカエデ。


清廉の滝わきのオオモミジ?も赤くなってきた。10月6日。


赤くなりきる前に散り始めちゃった。
スポンサーサイト
2018.09.25 紅葉進行中
気がつけば9月ももうすぐ終わり。いつのまにか紅葉が始まっていました。
今月はお天気が日々めまぐるしく変わり、週末の雨も多かったです。二度目の連休も、気持ちよく晴れたのは中日の23日だけでした。
(写真は全て2018年9月23日)


小田越コース一合目では、もうミネザクラの葉が散り始めていました。早池峰山の登山道沿いで紅葉する木の中では、ミネザクラは早いほうです。


ナンブトウウチソウの花はほとんど終わり、わずかに残るだけです。


ナンブトラノオも少し残っていました。


五合目付近では、チシマフウロの赤が目を引きます。


ウラシマツツジも紅葉していますが、小さいのでうっかりしていると気づかないかもしれません。


ホソバイワベンケイも然り。


頂上稜線ではミネザクラの紅葉は終わって、ミネカエデも少し散り始めていました。


この日は東側の雲が切れて宮古湾がよく見えました。午前9時ごろ。

しかしこの日、本当に良かったのは薬師岳でした。
早池峰山の小田越コースからは、紅葉がまとまって見える景色はないのです。


小田越コース一合目から薬師岳を望む。


遠目に見ても、山頂付近から北西側の斜面で紅葉が美しく燃えているのがわかります。


小田越付近から見上げればこんな感じ。

残念ながらこの日、早池峰を下りたあと薬師岳に登る時間はありませんでした。

紅葉は一日ごとに深まっています。晴れたらチャンスを逃さないようにしたいですね。
ただ、今はもう山頂付近の気温は10℃以下になることもあります。そんな時に風速10m以上の風にさらされれば体感温度は氷点下に下がります。(早池峰山はつねに西風の吹く山でもあります。)薄手のダウンジャケットや手袋などの防寒着と、雨具など風を防ぐ衣類は必携です。
また日暮れも早くなっていますので、くれぐれも時間に余裕を持って早めの行動を心がけましょう。

朝晩冷え込むようになり、紅葉は山腹から登山口まで下りてきました。


9月29日 小田越付近


9月29日 小田越付近


9月29日 河原の坊



この前日は雨で中岳中腹に幻の滝が出現   9月28日




10月3日  河原坊登山口周辺も色づいてきて


山荘脇のウリハダカエデも染まってきました。


オオカメノキ


ウリハダカエデの早いのは雨で散りました。


ハウチワカエデ


ハウチワカエデ


ツタウルシ


小田越の花巻側


10月4日 燃えるようなミネカエデの赤。


そして山はうっすらと雪化粧。

小田越登山口ではもう、日中でも気温がひとけたまで下がります。ということは早池峰山特有の西風(ハヤチネの語源の一つは、「ハヤチ=ハヤテ=疾風 の山」)に吹かれれば体感温度はマイナスに。山頂では気温も氷点下になります。これからは風を通さないジャケットにダウン・帽子・手袋・ネックウォーマーなど防寒の備えを十分にして登り、天候の急変時には無理をせず引き返しましょう。紅葉はもう登山口まで下りてきているので、紅葉が目当てなら山に登る必要はありません。


2017/10/5 追記
今日は晴れて、朝のうちは冠雪した早池峰山が青空によく映えていました。


2017年10月5日


山頂付近


小田越コース七合目から八合目付近。

岩手山は今日初冠雪を記録しました。初冠雪は盛岡気象台からの目視によるので、そこからは見えない早池峰山の冠雪は記録されることがありません。

... 続きを読む
早池峰山地域では、今年は紅葉の始まりが早いようです。すでに早池峰山(1917m)の中腹で見頃を迎えているほか、薬師岳(1644m)山頂・鶏頭山(1444m)山頂付近でも紅葉が見頃になっています。今朝は冷え込んで、河原坊では最低気温が5℃まで下がりました。


小田越から見える薬師岳北面は美しく染まっていました。


薬師岳登山道に入ると、オガラバナや


ミネカエデが色づいています。


稜線に出ると、薬師岳山頂の北側がちょうど見頃になっていました。


花崗岩とミネカエデ、それにシャクナゲやコメツガなどの常緑樹が織りなす景観。











山頂から西側を見る。右上隅は岩手山。早い時間には鳥海山も望めたそうな。東方向には宮古湾が見えました。


早池峰山もきれいに見えていました。


早池峰山の中腹も見頃な様子です。

そこで、薬師岳を下りた後で、早池峰山小田越コースの一合目まで行ってみました。


やはり紅葉しておりました。


早池峰山の紅葉は、ミネザクラやミネカエデなどが中心ですが、常緑樹の中に散らばっているのでそれほど圧倒的ではありません(毎年同じようなことを書いてる)。


ミネカエデ


久しぶりの快晴でした。この週末も好天が続けばよいのですが。


2017.09.11
ふぅ。役場ワイファイ(前回参照)。

里では稲穂が色づきアキアカネも山から下りて来ています。ということは、山でも少し前から秋めいてきています。


ナナカマドの実が赤く色づいています。小田越一合目。 2017/9/9


ヒロハヘビノボラズの実。


ミネザクラは他の木々に先駆けて一足早く紅葉が始まっています。


足元に目を転じると、早池峰山の固有種の一つミヤマヤマブキショウマも美しく紅葉しています。


ミヤマヤマブキショウマ(左)とミヤマウイキョウ(右)


花はというと、ナンブトウウチソウはまだ見頃です。


ナンブトラノオも。


ミヤマヤマブキショウマには雄花と雌花があって、花の季節には雄花が目立つのですが、秋には種をつける雌花の方が目につきます。


五合目では長くたくさん咲いたチシマフウロも種子をつけていました。


頂上稜線でもミネザクラは紅く染まっています。


ミネカエデ(左)とミネザクラ(右)


赤いところばかり撮っているけど、頂上付近全体ではこんな感じ。まだ色づき始めたところです。早池峰山の高山帯で紅葉が目立つ木はミネザクラとミネカエデ、オガラバナにナナカマドくらいです。それぞれ時期がずれるし、コメツガやアオモリトドマツ、ハイマツなどの常緑樹もあるので全山真っ赤にはなりません。あと赤くなるのは草ではミヤマヤマブキショウマ、ホソバイワベンケイ、ウラシマツツジ、チシマフウロなどです。


ホソバイワベンケイも小さいながら存在を主張。


ウラシマツツジ


ホソバイワベンケイ


ミヤマヤマブキショウマ


ところで、報告が遅れましたがミヤマアキノキリンソウはだいぶ前から咲いていました。


山頂付近ではミヤマダイモンジソウもまだ見られます。


今ごろはハヤチネフキバッタが登山道にたくさんいるので踏まないように気をつけてください。


冬を前に岩の隙間のわずかな土の中に産卵中。卵は雪の下で夏空の夢を見るのでしょうか。


秋は日暮れが早いので天気が良くても下山はお早めに。