FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.09.09 柵のあとさき
9月4日から5日にかけて、東北森林管理局により早池峰山の南斜面に防鹿柵の設置が行われました。


9月4日。台風21号の接近する中、秋田からお越しの東北森林管理局の方々8名。
まず、標高1270m付近に周囲50mの柵を設置します。支柱はFRP製で、岩手県自然保護課のものより軽いです。


足場の悪い沢沿いの道を進みます。


現場に到着。トンテンカンテン。


案ずるより産むが易し。1時間20分ほどで設置を終えました。皆さんは8月30日に早池峰山の北麓、門馬コース登山道下部でも柵を設置していたので、作業が効率化できていたのかもしれません。


ところで、沢の石の下にトワダカワゲラがいました。水質階級Ⅰ(きれいな水)。

この日、台風の接近にともなって、作業の途中から雨が降り出しました。明日は大丈夫かな。


9月5日。台風は夜半に日本海を北上し去ったものの、朝まで雨が残ったために河原の坊の沢が増水していて渡渉ができず、水が引くまで3時間待ちました。
この日は、秋田からの8人に岩手南部森林管理署遠野支署から8人が加わりました。また、岩手県立博物館の学芸員さんも同行しました。(先日、岩手県の柵設置には地元新聞社が取材に来ましたが、今日は来ませんでした。)
前日より標高の高い1400m付近に、周囲50mの柵を設置します。前回の記事で取り上げた、シカがナンブトウウチソウやミヤマヤマブキショウマなどを食べていた高山植物帯です。去年から柵を設置してほしいと言っていたいわば核心部。


滝のようになった沢沿いの道を進みます。


現場まで、最後の急登を登ります。


到着後さっそく場所を決め、杭を打ちます。これまでの場所よりも土の少ない岩場のため、杭が打ち込めるか心配していましたが、場所を選ぶと入りました。


支柱に沿ってネットを広げていきます。シカの通り道を囲って…


あいつらが入れないように、ずんずんと…


案ずるよりー(以下略)。日本でも数少ない(?未確認ですが)高山帯の岩場での防鹿柵が完成しました。

周囲50mはわずかな範囲ですが、この場所への設置は去年からの念願でした。柵を設置したのは東北森林管理局ですが、ここへの設置を提言できたのは、センサーカメラの画像によって食害をシカによるものと確認できたからです。それは今年、岩手県自然保護課が天然記念物への現状変更の許可を取ってシカ監視員さんがセンサーカメラを設置したからです。様々な関係者の取り組みが柵の設置という一つの結果に結びついたと言ってよいでしょう。これからも、関係者がコミュニケーションを密にし効率よく対策を講じてゆければよいと思います。


さて、私は柵設置の翌日薬師岳へ登りました。


振り返れば早池峰。


もしかして…?

180909_hayachine3.jpg
ゴゴゴ… (ここからは写真をクリックすると少し大きいサイズが開きます)

180909_main.jpg
あっ

180909_main1.jpg
あった!…なんか、達成感を感じた一瞬だった。

180909_net.jpg
と同時に、柵に比べてあまりに広大な早池峰山。(赤い点が柵…見えますか?)


今年は早池峰山の歴史上初めて、岩手県と東北森林管理局により防鹿柵が設置されました。来年も、希少植物を保護したり、すでに失われた植生の回復を図るための柵を局所的に設置する取り組みは期待できそうです。しかし早池峰地域全体へのシカの影響度は昨年よりも確実に進んでいます。シカの食害を防ぐためには、局所的な柵だけでなく、シカが早池峰山域へ侵入するのを防ぐ柵が必要だと思います。早池峰山のシカは積雪期には麓へ下がります。春に上らせない対策が必要なのです。ある程度の距離でシカを防ぐ柵が必要でしょう。また、捕獲もこれまで以上に進めなければならないでしょう。
シカ対策に関わる様々な関係者が協力して一つのグランドデザインを描き、それに沿って対策を進めて行くようになればと願っています。
スポンサーサイト
さて、早池峰山に初めてシカの食害を防ぐ柵を設置するため、岩手県自然保護課は7月11日前後に南アルプスに視察に行っていたそうです。

7月22日、現地の状況をよく知る岩手県立博物館の専門学芸員、早池峰シカ監視員、自然公園保護管理員で柵の設置場所を検討。


7月22日。手前はナンブトラノオ。

7月27日、岩手県自然保護課の呼びかけで、東北森林管理局との合同で、シカ柵設置場所の現地検討会が開かれました。合同で出来たことはよかったと思います。現場からは、先だって検討した場所をお勧め(要望)しました。
今年は試験的な意味もあり、閉鎖中の河原坊コースに設置するということに。
県では、標高約1300mより上は天然記念物(早池峰山・薬師岳の高山植物帯)に指定されており、文化庁の許可が必要であるため今年はそれより低い樹林帯に設置を考えたようです。


ああじゃないこうじゃない…


フムフム…

それからほどなくして、県が設置する柵の資材が京都の業者から届いた。南アルプスで使われているものと同じタイプらしい。


結構重そうだな…ボランティアで運べるの?




これも重そう。


…とか言ってる間に、ここでお盆休みに入ります。


8月24日、資材を現場に運ぶ。岩手県自然保護課、県南広域振興局、グリーンボランティア、県立博物館、自然公園保護管理員など、十数名。手分けして登山口よりそれぞれ15分、30分、45分程度の3箇所に運んだ。


皆さん怪我のないように、あまり欲張らない方がいいよ。


うんとこしょ、どっこいしょー

案ずるより産むが易しで、2時間足らずで作業を終えた。


そして8月27日、柵の設置。この日は県自然保護課、県南広域振興局、県立博物館、岩手南部森林管理署遠野支署、早池峰フォーラム、グリーンボランティア、宮古市、自然公園保護管理員からなる総勢22名。


まず一番手前の地点で、京都から来た業者さんに設置の要領を教わります。
この黄色いネットにはステンレスワイヤーが入っていて、簡単には切れないようになっています。それをロープに通してから、金属製の支柱に張り巡らせます。ネットの高さは1.8m。


その後二手に分かれて上の2地点へ移動し、それぞれ設置。設置も案ずるより産むが易し、昼頃には作業終了。
杭が地面に刺さるかどうかが懸案でしたが、何とかなりました。樹林帯だからまだよいのです。岩場の高山植物帯ではこうはいかないだろうところをどうするか。


今回柵を設置した中の、一番上の地点。標高1260m付近。沢の合流点にあるやや平坦な地形で、ダケカンバ林の林床には早池峰山固有種のミヤマヤマブキショウマなどが見られるが、シカの通り道になっており、林床の植物は著しく減少している。周囲約50mを囲った。


第2の地点。標高1180m付近。沢沿いの、ダケカンバなどから成る広葉樹林。ここは5年以上前からシカの通り道になっていて、林床の植物が減少し裸地化が進んでいる。周囲約35m。


登山口から最も近い地点。標高1115m付近。早池峰山ではこの辺りでしか見られないマルバキンレイカ群落の周囲約12mを囲う。
ダイソーきゅうりネットは役目を終え退役。

さて、8月ももう終わりですが、早池峰山初の防鹿柵の設置に至ったことは大変よかったです。
マルバキンレイカは去年、8月30日から9月14日の間にも食われちまいましたから、この時期でもやらないよりずっとよかった。
県には来年以降も柵の設置を続けてもらいたいです。今回の地点は樹林帯で、希少な高山植物の生えるいわば本丸には手付かず。
標高1300m以上の高山植物帯で、ナンブトウウチソウやミヤマヤマブキショウマといった固有種は食べられています。


ぱくぱく…  7月24日、標高1400m付近。(写真:シカ監視員さん提供)


そこにあったのはナンブトウウチソウ。7月27日に確認。


もそもそ…  8月7日。(写真:シカ監視員さん提供)


それはミヤマヤマブキショウマ。8月27日確認。


…ここで、朗報です!

東北森林管理局が9月初旬にこのあたりにシカ柵を設置するという情報が入って来ました!


さすが国!やることが早い!天然記念物もクリアしたんだ…


というわけで、次回、ほしがらす通信を乞うご期待!

2018.07.15 シカ続々
7月も半分過ぎ、花は入れ替わりながら次々と見頃を迎えている。
が、今回はシカの話。

今春、早池峰山域にニホンジカの侵入を防ぐ手立ては全く取られなかったために、5月から続々とシカが侵入していることはすでに書いた。
(ほしがらす通信・春はシカとともに参照)

それでも岩手県自然保護課のはたらきで自動カメラが増設されることになり、早池峰シカ監視員のハンターさんがあちこちにカメラを仕掛け、今までよりもシカの侵入の証拠が残るようになった。(写真提供・シカ監視員さん)



閉鎖中の河原坊コース、通称「御神坂(おみさか)」1420m付近、6月8日。



明らかに地面の草を食べている。



そこにあったのは、オオバギボウシ。6月15日に確認。
この場所では数年前からオオバギボウシに食痕が見られたが、今回ニホンジカによるものと確認できた。

この付近で私は昨年、早池峰山固有種のミヤマヤマブキショウマにも食痕を確認していた。そのためシカ監視員さんにこの場所へのセンサーカメラの設置を頼んだのである。



その後もシカの姿が写っている。6月23日。若いオスとみられる。



6月30日。こちらは立派な袋角を持ったオス。

さて、御神坂から少し下った1400m付近、通称「頭垢離(こうべごり)」から尾根に上がった地点。ここでは昨年、やはり早池峰山固有種のナンブトウウチソウに食痕が認められた。
そこにもカメラを置いてもらった。



6月10日。左端にちらりと写っている。コブのようなツノが見えるのでオス。



6月26日。若いオス。君がまたいでるナンブトウウチソウ、まさに去年食われてた株だよ!

ハンターさんによると、まず先遣隊として若いオスが侵入し、その後メスが群れをなして入って来るという。
今年、私は5月6日にはこの場所の東対岸でメスか若いオス(ツノが確認できなかった)の姿を、やや下った1250m付近ではメスの警戒声を確認した。(ほしがらす通信・春はシカとともに

一方、小田越コースでも樹林帯内で食痕は目立っている。



6月7日には標高1500m付近に設置されたカメラに複数のメスが写った。


というわけで、まあ、去年までの結果から予想されていたことがそのまま、というか予想を超える現実になっているのですが、今のところ人間がしたことといえば、カメラで証拠を取っただけです。

昨年から私などはシカの捕獲には限界があるから早く柵をしてくれと申し上げてきたが、これまでのところ完全に出遅れている。
金と権限を持つはずの岩手県自然保護課と東北森林管理局ではついに柵の設置に動き出した。県ではこれから先進地である南アルプスに視察に行くとか。

夏終わるよ…


私は、一昨年、昨年とシカによって被食されたために花が咲かなくなったばかりか株も無くなりそうなマルバキンレイカの群落に、6月になってやっと柵を設置した。ほっといても誰もやってくれそうにないから。






この場所には今年も度々シカが現れていた。通り道なのだ。(5月12日)



柵を設置したその日の夕方には早池峰生まれらしいバンビちゃんが柵のそばに写っていた。(6月21日)

しかしその後、シカはあまりカメラに写らなくなった。ハンターさんによると、シカは人間の痕跡を警戒するのだという。だとすれば柵の効果はあったのだ。



柵の中のマルバキンレイカも今のところ無事だ。このまま回復してくれることを願う。

こんなことは本当は去年やればよかったのである。この柵にいくらかけたと思いますか?ダイソーで集めた材料は総額税込864円、それに事務所にあったビニールひも。合計1000円にもなりゃしない。
私たちは本当にボンクラで怠惰だ。昼間はあれこれ観察したり懸念したりしていても山を降りれば家で飯を食ってくつろいで、シカのことなど忘れて寝てしまうんだ。

シカは24時間早池峰の森の中にいて、彼らに必要な草を食ってる。それだけの話だ。


今月末に、自然保護課と森林管理局は柵の設置場所を考えるため視察に来るらしい。





「月刊ほしがらす通信」になっている。要点のみ取り急ぎ。

〈登山関係〉

・早池峰山に登る場合、今年も河原坊コースは閉鎖・通行禁止なので、登山は小田越コース・門馬/平津戸コース・縦走コースなどに限られる。
・小田越コースを登る場合でも、車は河原坊駐車場に駐車してください。小田越に駐車場はありません。
・早池峰山のお山開きは6月10日(日)。その日から8月5日(日)までの土日祝はマイカー規制があります。

詳しくはこちら>車両規制についてシャトルバス時刻表


〈シカの話〉

シカは思っていたより早く、雪解け前から、じゃんじゃん・どしどし・続々と早池峰山に来ていた。

4月29日、岳〜笠詰(標高550m〜650mあたり)では、県道沿いの雪はとけ、道の脇のアジサイやクロモジの芽、ササに食痕が認められた。


早池峰山のニホンジカは、冬の間は麓に下がっている。春になると、雪解けとともに岳川・県道25号に沿って再び早池峰山域に侵入してくることは間違いない。問題は、それがいつかということである。シカが早池峰のコアな部分に到達する前に、捕獲するなり柵を設置するなり対策を打たなければならないと、昨年から再三、機会があるたびに関係者に訴えてきた。

それが、シカは思っていたよりずっと早く早池峰に入っていたのがわかった。

筆者は 5月6日、まだ河原坊でも日陰に雪が残りヤナギが芽を出した程度の時期に、頭垢離の対岸・標高1360m付近のアオモリトドマツ・ダケカンバ林内でニホンジカ1頭を目撃したのである。その辺りの林床は残雪から所々ササがのぞく状態で、木の芽や草はまだ全く出ていなかった。ツノのないそのシカはこちらに気づくと、林内を南東方向に逃げていった。また、その少し後で、標高1250m付近では雌シカの警戒声を2度聞いた。複数頭がいたということだ。
私はすぐに早池峰シカ監視員のハンターさんに連絡した。そしてハンターさんらは5月8日に早池峰国定公園内で巡視を行なった。

シカを目撃した斜面と逃げた方向 2018.5.6

同5月6日、昨年までにマルバキンレイカがほぼ消滅した標高1100m付近のポイントにカメラを設置すると、5月8日にはシカ2頭が写っていた。



5月12日 地面の草を食んでいる様子。

この場所には、一刻も早く柵を設置してもらいたい。そして去年までに消えたマルバキンレイカが回復するかを見てみたい。
しかし、岩手県自然保護課では今年度、防鹿柵の予算は取っていないのだという。
……え?


5月16日、河原坊のビジターセンターから30mほどの林内で、バイケイソウ(有毒)を食べた跡があった。


駐車場脇の低木もむしゃむしゃ。


一方、河原坊から岳川を4kmほど下った右岸側の林内では、ササがほぼ壊滅状態に。この辺りには雪が少なければ冬もいるのではないか。  2018.5.16

いや、今年、何もしなければ早池峰山は本当にボウズになりますよ。っていう話。

早池峰山シカ監視員のハンターさん達はシカを捉えるセンサーカメラを増やした。シカの通りが確実な所についにわなも仕掛けるという。標高1300mを超える場所は、特別天然記念物「早池峰山高山植物帯」にあたっているため、岩手県が文科省の許可を得て、ようやくこの春から工作物が設置できることになった。県も、何もしていないわけではなかった。
しかし、柵の予算…


さて、ひと月ほど前に、早池峰山でシカの生息密度が上昇しているというニュースが流れ、話題になった。
早池峰山シカ生息密度急上昇 17年度、食害も増加 岩手日報

それは、昨年東北森林管理局が行なった調査結果が発表されたことを受けての報道だった。
その調査結果の概要は、インターネット上に公開されている。
平成29年度 早池峰山周辺地域のニホンジカ生息状況・森林影響等調査

この調査結果について検証してみようと思ったが今回は時間切れ。
まあ要するに、この結果より実際はシカは多いだろうということです。
また次回。



2017年10月18日 河原の坊より

早池峰山周辺の紅葉はすでに河原の坊より下流の魚止めの滝あたりまで下がっています。山はすでに何度か冠雪しています。
河原の坊の総合休憩所(ビジターセンター)は10月20日で閉館し駐車場のトイレも閉まりますので、以後はトイレは裏手の冬季用トイレをご利用ください。小田越登山口に至る県道25号は11月8日(水)の午前11時に花巻市側の岳と宮古市側のタイマグラでゲートが閉まり冬季通行止め期間に入る予定とのことですが、小田越に雪が積もれば通行止めが早まることもあります。天気情報に注意してお出かけ下さい。


さて、シカの話です。早池峰山周辺では近年ニホンジカ(以下、「シカ」は全て「ニホンジカ」を指す)が増えていることは度々書いてきましたが、ふたたびここで話題にするのはシカによってもたらされている変化が急激で劇的なものだからです。
今年、河原の坊の周辺では何種類かの植物がほとんど見られなくなりました。具体的にはオニシモツケ、ヨツバヒヨドリ、クガイソウ、マルバキンレイカなどです。去年まではこのあたりで普通に見られたものでしたが、今年は明らかにニホンジカの採食によって個体数を著しく減少させました。今、河原の坊登山口周辺ではヨモギやノコンギク、トリカブトなどシカが食べない草ばかりが目立つようになっています。(以下、写真は全て2017年)


オニシモツケが姿を消しヨモギが目立つ河原の坊駐車場周り(9月20日)


ノコンギクも目立つ(9月27日)

また、河原の坊登山口周辺だけでなく河原の坊コース登山道や小田越コースの登山道、はては早池峰山頂付近でもシカの食痕が明らかに増え、早池峰山の固有種である植物にも食痕が認められました。


7月1日の記事「早池峰山麓のシカ」で報告した、河原の坊登山口近くのクガイソウですが、食べられては葉を出し、また食べられてを繰り返してついに花は咲きませんでした。来年には絶えるでしょう。(8月30日 標高1100m付近)


懸案のマルバキンレイカは、去年首が届かないから食べないのだなと思っていた場所も食べられてほぼ消滅しました。(9月15日 河原の坊登山口近く・標高1120m付近)


閉鎖中の河原の坊コース登山道では、早池峰山の固有種であるナンブトウウチソウに食痕が増えました。近縁種のシロバナトウウチソウは去年からよく食べていましたが、やはりナンブトウウチソウも食べるようです。(9月4日 御神坂・標高1430m付近)


同上


さらに、固有種のミヤマヤマブキショウマも食べていましたし、(9月4日 御神坂・標高1530m付近)


また固有種の一つであるナンブトラノオも食べられていました。(9月4日 千丈ヶ岩上方・標高1800m付近)


同上


今のところ早池峰山のシンボル的な固有種、ハヤチネウスユキソウにはそれらしい食痕を見つけていません。同じキク科のヤマハハコは好まないのかあまり食べていません。(9月27日)


しかし全く食べないというわけでもありません。シカはとりあえず何でも食べます。有毒のトリカブトにも、好まないらしいヨモギにも食痕はあります。今以上にシカの個体数が増えて標高の高いところに侵入してくればハヤチネウスユキソウも必ず食べるでしょう。(同上)


標高の高いところといえば、夏には山頂直下のお花畑にセリ科の植物を派手に食べたあとがありました。(9月4日)


そしてその足元のコバイケイソウ(有毒)を踏み荒らしていました。(同上)

これらはおそらく山頂付近まで森林の続く、北側の門馬コース側から侵入したシカによるものと思われます。ニホンジカは岩場歩きをあまり好まないからです。ただこれも憶測なので本当の侵入経路はわかりません。

7月の記事にも書きましたが、今年の特徴は食べられた植物の量と種類と生育面積が拡大した中で、「草」だけでなく「木」で食痕が大幅に増えたことです。タニウツギ、ヤナギ属、カエデ属、タモ、ナナカマド、ブナなど…数え上げればきりがありません。


このコシアブラは繰り返し食べられているのでしょう。秋になったのに、こんなに小さな若葉を出しています。(9月20日)


県道25号の河原の坊〜小田越間ではシカの首が届くあたりまでの高さの草や木の枝はきれいに刈られたようになくなっています。(9月4日)


ミネカエデが紅葉した時、その高さにはもう葉はありませんでした。(10月3日)


県道脇の林内に入って道路側を見るとスカスカで丸見えです。以前はこのようなことはありませんでした。(9月7日)


悲しきイタドリ。(9月25日)


県道沿いの状況は、花巻側だけでなく小田越の反対側、宮古側でも似たようなものです。(9月29日)


このまま人間が何もしなければ、来年にはこの辺りの植生はさらに変わってしまうでしょう。おそらく河原の坊コースでは頭垢離(標高1377m)付近まで侵入するシカが増加し、南斜面のお花畑の植物を食べるでしょう。そこには今年食べられていたナンブトウウチソウやミヤマヤマブキショウマ、ナンブトラノオだけでなくハヤチネウスユキソウやヒメコザクラ、チングルマなど様々ないわゆる希少種や高山植物が生えています。小田越コースでも一合目までの樹林帯での採食が拡大するでしょう。また登山道の外でも岩場でない限りさらに侵入が拡大するでしょう。

さて、この記事の中ではこれまで、「食害」とか「被害」という言葉をあえて使ってきませんでした。この地域でニホンジカの個体数が増加し生息範囲が広がり、被食される植物が増えている、という現象は「害」でしょうか?それは、人間が「価値が損なわれた」と捉えた時に初めて「害」になります。農作物被害のように。早池峰山の植物をシカが食べているのは「害」でしょうか? 個人的には、植生が変わりつつある現在の環境は私の眼には「荒廃」に映り、残念に感じます。高山植物が消滅すればさらに残念に思うでしょう。

今のところ、公園管理者の岩手県や国有林の管理者の森林管理署、環境省などはこの「変化」をそれほど「害」だと考えていないのではないでしょうか。早池峰国定公園(県)や早池峰山周辺森林生態系保護地域(森林管理署)、自然環境保全地域(環境省)などの指定の「価値」の源である、固有種や希少植物への食「害」の報告がまだ届いていないのかもしれません。フキやヤグルマソウ、オニシモツケでは「害」にならないのです。だからほとんど何の対策も取られていないのでしょう。そうでなければとっくに何か手を打っているはずです。シカの生息調査だけはもう何年も前からしているのですから。
(実際は、2012年にすでに東北森林管理局の調査でナンブトウウチソウに食痕が記録されている。>早池峰山周辺のニホンジカの生息状況

今年に至る、早池峰山麓でのニホンジカ増加は2012年ごろから激化しました。>「ほしがらす通信・2013/9/28・早池峰山のシカ問題」 改めて「早池峰山 シカ」で検索してみると、2013年ごろに多くの記事がヒットします。それから5年あまりの間、ハンターによる主に冬場の山麓地域での駆除以外、実際にはほとんど何のシカ対策も取られて来なかったように思われます。個体数管理、つまりハンターによる駆除は残念ながら目立った成果を上げていません。シカの増加数がハンターによる捕獲数を上回っているのだと、当のハンターさんが話していました。
このまま何もせずに来春を迎えれば、必ず希少種への食「害」が拡大します。その時になって会議を開いても手遅れでしょう。特定の植物に「価値」を認めるのであれば、それを守る行動を取るべきではないでしょうか?高山植物を人間が盗掘するのを防ぐために監視員を置いているように(ところで三陸北部森林管理署では今年、去年まで置いていた早池峰山周辺森林生態系保護地域の巡視員をゼロにしましたが、これは全く不適切でした)。

シカを防ぐには何が有効なのでしょうか。これまでに、岩手県以南・関東以西の地域ではとっくにニホンジカによる食害は進んでいて、対策の知見も蓄積しているはずです。例えば防鹿柵は?早池峰山域のシカは冬に一旦積雪の少ない山麓地域に移動します。春、雪解けの時期に再びそれらのシカを侵入させないことが最も重要な対策になるはずです。ハンターによる狩猟圧も、まとまった予算を投入して集中させる必要があるのでは。「価値」があるのなら、対策を取らなければ。さもないと本当に早池峰山はハゲ山になります。関係者の皆さんが決断すべき時です。もう手をこまぬいている時間はありません。



最近、河原の坊あたりで毎日鳴いてるのはこれか。秋の鹿が黒いのはヌタ場で泥を体になすりつけるからだそうな。オスのアピール期間ですな。(10月2日 マルバキンレイカのあった場所で)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。