FC2ブログ
世界中に深刻な被害を与えている新型コロナウイルス。日本でも東京都など7都府県に緊急事態宣言が出されました。
早池峰山のふもと花巻市でも宮沢賢治記念館をはじめ多くの公共施設が休館になっています。早池峰神楽の公演もしばらく中止になりました。
ところで岩手県には日本の人口の約1%、122万人が暮らしているにも関わらず、いまだに一人の新型コロナウイルス感染者も見つかっていません。
その理由を考えてみました。

①岩手県民は無口なので具合が悪くても言わない。
②岩手県民は我慢強いので具合が悪くても我慢している。
③岩手県民は雨ニモマケズ風ニモマケズ夏ノアツサニモコロナニモマケヌ丈夫な身体を持っているので感染しない。
④コロナに感染していると分かると村八分になるので黙っている。
⑤岩手県民だけが新型コロナウイルスの抗体を持っている。
⑥検査して陽性だった人を片っ端から埋めている。
⑦県境で感染者を検知しては追い返している。
⑧人口密度が低すぎて感染しようにも隣の人に届かない。
⑨座敷わらし、河童、オシラサマなどが結界を張ってコロナを入れないように守っている。
⑩実は検査をしていない。

いかがでしたか?これで笑えた人は免疫力が上がりましたね。
⑨だったらいいのですが、日本のドリームランド岩手県といえどこの波は避けられないものと思っています。いつかこんなこともあったと言える日まで、頑張ってこの危機を乗り越えましょう。

※⑩について、岩手県のために書いておくと、4月7日までに岩手県では104件のPCR検査が行われ結果は全て陰性となっています。ただ、「帰国者・接触者相談センター」で受け付けた相談件数2399件に対して検査が行われた件数が104件だけなんですよね…
岩手県 新型コロナウイルス関連情報


広大な山並みの麓に人家が点在する北上山地。
スポンサーサイト



2015.10.09 雑記
紅葉は河原の坊より下がって、今はうすゆき山荘~清廉の滝あたりが見頃になっている。


うすゆき山荘 2015.10.8





道を歩いていると、ブナの実が例年より多く落ちているのに気付く。今年はドングリもブナも豊作のようで、そのせいだろうかクマが里に出た話を聞かない。クマといえば先頃、早池峰山の東尾根を剣ヶ峰方面へ下りてみたが、


剣ヶ峰 2015.9.28



剣ヶ峰の標識がクマにかじられていた。木製の標識がクマにかじられるのはよくあることだ。この標識は数年前に立てられた比較的新しいものだが、それを運んだのは旧川井村の管理員、M川さんだった。もう山もしまいの11月、すっかり白くなった早池峰山の小田越コースを登っていると、前方に十字架のようなものを背負った人影が見えた。



一瞬ゴルゴタの丘へ向かうキリストかと思ったが、近づいてみると



丸太ん棒にたすきをかけて背負ったM川さんだった。M川さんは森林管理署の仕事もしていたが、こんな季節にこんな方法で上げるしかなかったのだろうか。おそらく他の誰もこのように担ぎ上げることはできないだろう。少なくとも私には手伝うことはできなかった。
M川さんはその後自宅でクマに顔をかじられてしまって1年間山の見回りを休んだが、驚くべき回復力で翌年には復帰し、今も早池峰山を巡視している。その剣ヶ峰の道標もクマにかじられてしまったが、次の新しい丸太をM川さんが上げるのは難しいだろう。森林管理署の若い人にはぜひ「たすき一本背負い」の技を伝承してもらいたい。




早池峰山を時折、轟音と共にジェット機が通り過ぎることがある。自衛隊なのか米軍なのか、小田越の上空、早池峰山頂と薬師岳山頂の見通しよりも低い高さを飛んだり、鶏頭山と毛無森の間を飛ぶこともある。


2015.10.6

この日の飛行機は空色の双発ジェット機で、調べてみると航空自衛隊航空救難団のU-125Aという機体らしい。西から来て河原の坊~小田越上空を3往復し西へ去った。何の訓練なのか、まさか紅葉狩りではあるまい。


2015.04.13

白梅 2015.4.12 大迫 観音堂台地

北国にも待ちわびた春が来た。家にこもってひっそりと雪の降り積む音を聞きながら耐えるような半年間の冬が終わり春が来たときの感慨は、雪もなく冬といえば青空というような地方に住む人々にはなかなか想像できないのではないだろうか。


大迫あたりでは梅、コブシ、レンギョウ、スミレ、水仙、菜の花、カタクリなどがいっせいに開いている。 2015.4.12


お山の雪もとけ始めた。 2015.4.12


と思ったら今日にはますます岩肌が見えてきた。 2015.4.13



桜もちらほら開き始めた。 2015.4.13

早池峰神楽の神歌に、「春来れば 梅も桜も諸共に 想い開くは年の春かな」というのがある。そんな感じ。




全国的には今日が小中学校の夏休み最後の日、ということになるが、北国ではとっくに二学期が始まっている。標高1050mの山荘は長袖で過ごすのにちょうど良く、近頃の雨の日にはもうストーブさえ必要になっている。山荘の掃除をしていても秋の訪れは感じられ、迷い込んだ虫の死骸が少なくなり、活発だった蜘蛛の巣も空屋が増えてきた。





梅雨の晴れ間


ミヤマアズマギク


ほし三羽がらす


親に餌をねだる幼鳥


はいよ


鶏頭山麓にはタマガワホトトギスが咲き始めた


ヤマアジサイ


七折(ななおり)の滝は水量ひかえめ


鶏頭山から大又集落方面


誰かが地蔵に数珠をかけたらしい