fc2ブログ
年も改まってしまいましたが、2023年シーズンのふり返りをしたいと思います。

①盗掘
盗掘事案については前回と前々回の記事の通り。盗掘の根本的な罪は、各種法律に違反するということではなく、その生き物が自ら選び取った環境で生きることを奪うということに尽きる。

シーズン終了後の関係機関の連絡会議で私は、警察に登山口での抜き打ち手荷物検査を行なって欲しいと要望し、警察署の方からは来年から行いたいという言葉が得られた。
警察による登山口での手荷物検査は、かつて行政や森林管理署、警察との合同パトロール時に行われていた。それで実際に盗掘犯を逮捕することが目的なのではない。警察が時々抜き打ち検査をするということが知られるようになれば、盗掘に対して少しは抑止になるだろう。来シーズンに期待したい。

②クマ
昨年は全国的にクマの出没が多かったことは記憶に新しい。人身被害も多く、岩手県は秋田県に次いで全国で2番目の件数だった。クマの被害はむしろ里山から人里で起きており、登山道が亜高山帯に近いところから始まる早池峰山とは事情が違っている。早池峰山麓の樹林帯ではブナの実が全く実らず、ナラ類のドングリもほぼ見当たらなかった。山にクマの食料がなかったために里に下りて行ったものと思われる。

早池峰山ではどうだったかというと、クマは前からいるし今年も出ていた。ただ、2022年のような人身被害はなかった。
とくに8月中旬の一週間に、小田越コース一合目の西側や八合目付近で、母熊と仔熊2頭の計3頭がしばしば目撃された。
私も小田越コース一合目の西側で一度目撃した。小田越コース二合目を下山中に、一緒に歩いていたハンターでもある管理員氏が肉眼で発見し(流石です)、一合目の登山道から100mほどしか離れていなかったのでその場で様子を見た。親子はハイマツや低木、高山植物が混じった環境で地面近くに鼻先を突っ込んで何かを探しているようだった。時期的にはハイマツの球果の食べごろは過ぎているのでハイマツではないようだったが、遠目には何を食べているのか分からなかった。コケモモか何かだったのかもしれない。
後ろから下りてきたお客さんも止めて、しばし待つ。次第に雨が強くなってきた。クマたちはもちろん、登山道に人がいることには気づいている。ゆっくりと登山道から離れる方向に歩いて姿が見えなくなった。私たちは下山を始めた。
と、一合目の少し上のカーブのところで、西側60mくらいのナンブトウウチソウの群落の中から、ひょいと仔グマが頭を出した。ハンター氏はすかさず大声で威嚇し、追い払った。
お客さんは野生のクマを見られて喜んでいた。


2023年8月18日 小田越コース一合目西側 仔熊2頭


同 母熊


仔熊がひょっこり顔を出した

一昨年のクマによる人身事故のあと、私は登山中にはなるべくヘルメットをかぶるようにしている。転倒時の怪我防止というよりは、クマに襲われた時に頭部を守るためである。クマによる被害の多くは、足を取られて倒された後、頭や顔面をかじられるものだと、知り合いのハンターさんに聞いた。クマスプレーも携行するが、自分が風上にいないと使えない。

③シカ
2022年シーズンのシカの状況もまとめないうちに次のシーズンも過ぎてしまった。
別に新しいことはない。シカは減ることはなく、早池峰山の植物を食べ続けており、今までに植物を食べてしまったところは裸地化に向かっており、食べられる草を求めてシカは生息エリアを拡げている。今年は頂上稜線の「御田植場」にシカが常駐していたことが、センサーカメラの記録からわかっている。
岩手県の対策は今までと同じで、いくばくかの面積をネットで囲って保護すること、シカ監視員やセンサーカメラを配置してシカの動向を記録し、また捕獲することである。森林管理局も植生保護柵の設置と捕獲、植生調査などを行った。(付け加えると環境省は早池峰山のシカ対策としては何もしていない。)
しかし県にしろ国にしろ、対策はまるで不十分と言わざるを得ない。このままでは残念ながら10年後には早池峰山で見られる植物の種数はかなり減っているだろう。


2023年6月21日 早池峰山南面1614m付近 見える範囲に9頭のシカが写っていた。

④早池峰山頂上避難小屋改修工事
早池峰山の頂上にある避難小屋の改修工事が行われた。作業員の方は毎日登山して工事を行い大変だったことだろう。前年に入札不調で工事が進まなかったことを思えば計画が進んでよかったが、工事が終わった小屋を見ると、設計なのか施工なのか分からないが、この仕様はどうなのかな?と思うところもあった。この小屋がどのように使われるのかリサーチ不足なのではと思うような点があったが、使いながら改善されていくのだろう。


改修を終えた早池峰山頂上避難小屋


⑤「早池峰山の花と森」
2023年9月23日〜12月3日に、岩手県立博物館で「早池峰山の花と森」という特集展示が行われた。早池峰山にもよく足を運び、シカ対策にも重要な役割を果たしている植物専門学芸員の方が企画したのである。
その中で特に筆者の目を惹いたものを紹介したい(どうせなら会期中にすべきでした、すみません)。

・大東町天狗岩山産ヒメコザクラの標本
現在、早池峰山でしか見られないために固有種扱いになっているヒメコザクラが、かつて県南の大東町(現一関市)天狗岩山にあったということは前々回の記事に書いたが、その標本が展示されていた。私はヒメコザクラが大東町に産したということを文字では読んでいたが、今回その証拠を初めて見たのである。天狗岩山ではその後盗掘により絶滅してしまったという。希少植物の盗掘の末はこういうことである。

・早池峰山で植物採集をしている牧野富太郎の写真
採集した植物をどっさり抱えて笑顔で写っていた。どっさり採集が今では考えられないし、牧野ならではの歴史的な写真であった。
「画像提供 盛岡てがみ館」となっていたので、興味のある方はそちらで見られるかもしれない。

**********************************

シーズン中ほかにも何かあったような気がするが、思い出したらまた記事にしたい。
ひとつ、夏が暑過ぎたせいか紅葉がまったく綺麗でなかったのが特筆すべきことではあった。
スポンサーサイト



2022年も最後の日になって、やっと今年のふりかえりをしたいと思います。今年の「ほしがらす通信」はこれを含めてわずか記事3本。もはや季刊以下です。

山開きの前日に登山者がクマに襲われた衝撃から始まったシーズンでしたが、その後クマによる事故はありませんでした(県道での目撃は何件かありました)。それから日々色々あったのですが、特に記憶に残っていることを拾い出してみたいと思います。

①サンカヨウは早池峰でもう見られない。
7月中旬に早池峰山に来たお客さんがある花を見たいと仰るので何かと思ったらサンカヨウだと言う。サンカヨウ?珍しくもない…早池峰山の固有種でも希産種でもないし。そもそも7月にはもう花は終わっていますよ。と思ったがはて、最近花も実も見てないような。花は終わっても青い実が生っているのを見てもよさそうなものを。
それから早池峰山の小田越コース一合目までの樹林帯や薬師岳の樹林帯を歩くときに探してみたが、ない。おそらくこの数年でシカに食べられてしまったのだろう。サンカヨウが生えているような亜高山帯の森林の林床はシカの食害が広がり極端に植生が単純化している。もう早池峰山域でサンカヨウは見られないのかもしれない。
ほかにも見なくなった植物はいくつかある。シカについてはまた改めて記事にするが、このままではあと10年もすれば早池峰山の貴重な植物はほとんど見られなくなるかもしれない。

②ミネカエデについて
またある日、ミネカエデの研究をしているという方が来られて、ミネカエデの分類が混乱しているのを調べていると言う。それには思い当たることがあった。山で赤く紅葉しているカエデを、地元で基本的な文献となっている『早池峰の植物』(大迫町立山岳博物館編、1983年)で調べると写真はミネカエデしか出てこない。ところが世の中の図鑑(林将之『紅葉ハンドブック』文一総合出版、2008年)で調べるとミネカエデは黄色く黄葉するとなっている。
その研究者の方によると、現在広くミネカエデと呼ばれているのものは黄葉するもので、赤く紅葉するのはナンゴクミナカエデということになっているという。あれえ?
「赤く染まるコミネカエデというのもあります」
それは図鑑で見て、確かにそのようなやや小さくて葉先が細長いタイプのカエデもありますが、山の上(高山帯)にはコミネカエデの葉ではないような、赤いものもありますよ。

ミネカエデの学名は Acer tschonoskii 。種小名 tschonoskii は、命名したロシアの植物学者マキシモービチ(マクシモビッチ/マクシモヴィッチ)が標本を採集して送った須川長之助(現在の紫波郡紫波町出身)の名前からつけたものである。マキシモービチが見たその標本を長之助はどこで採集したのだろう。須川長之助は早池峰はもちろん日本の植物学の世界ではつとに知られた存在である。彼は早池峰山のほか日本全国で植物採集をしてロシアにいるマキシモービチに送った。長之助が採集したミネカエデの標本が残っていればそこに地名の記録がないか、そして可能ならDNAを調べて早池峰や他の地域のミネカエデやナンゴクミネカエデと比較すればいいのではないだろうか。


そんなことを考えた今年の秋でしたが、今、大迫にある花巻市総合文化財センターではまさにドンピシャの企画展をやっています。

「早池峰の花を紹介した人々ー早池峰植物研究小史ー」
2022年12月10日(土)〜2023年2月12日(日)
花巻市総合文化財センター 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
12/28〜1/3休館

この展示はすでに見ましたが、その話は年が変わるのでまた来年。


コ?ミネカエデ? 2022/10/6 早池峰山


今年、早池峰は国定公園に指定されてちょうど40周年を迎えました。
昭和57年6月10日にそれまでの県立自然公園から国定公園になったのです。
その周年を祝ったり記念したりする何事も、今のところ行われていません。
別に無意味なセレモニーをする必要はないと思いますが、これを見て関係者の皆さんはどう思うでしょうか。



かつて早池峰国定公園と書かれていたはずの物件です。



河原坊から県道を1.5kmほど下ったうすゆき山荘の向かいにあります。
コンクリート製のハリボテは表面がぼろぼろに剥がれていて見る影もありません。






穴空いて草生えてる。


丸太を模したものだったらしい。

国立公園の管理は国=環境省が行い、国定公園の管理は都道府県が行うので、早池峰国定公園の管理者は岩手県です。
このハリボテはおそらく岩手県が建てたものだと思います。
40周年を記念してこれに代わるものを建ててほしい、とは思いません。
ただ、このようなものを放置し続けるのはみっともないので撤去してほしいですね。



一方、こちらは県道をさらに下った笠詰付近にある国定公園の看板です。こちらは大迫町(平成18年に花巻市に合併)が建てたようです。
こちらも古色がついて草に埋もれ、もはや遺跡ですね。

考えてみれば、10年前に30周年も特にありませんでした。
周年記念がないこと自体はどうでもいいですが、なぜそういう話すら出ないかというと、ただ早池峰国定公園に対する行政の無関心ゆえです。それが残念です。岩手県であれ花巻・遠野・宮古各市であれ、もう少し早池峰に関心を持ってもらいたいですね。

これらの看板が建てられた頃、きっと行政にも地元にも今よりは活気があったのだろうなと思います。早池峰が国定公園になってきっと嬉しかったんだろうな。
このようなコンクリートの塊を自然公園に置いたり、今から思えば自然保護よりは観光振興的な色合いも濃く、それが早池峰山にとってよかったかどうかは分かりません。ただ、今は活気も何も、行政には早池峰に対する関心がないと思います。

シカ柵設置や登山道調査など、誰かに指摘されて必要に迫られた時には対処しますが、そもそも県も市も、早池峰国定公園をこうしていきたいというビジョンを持っていません。
担当者は数年で代わり、前任者からの引き継ぎもろくにないままに前年にあったことを毎年繰り返しているだけなのです。
早池峰山の価値をどのように守っていくかというビジョンなしでは、シカ対策事業も登山道の問題も後手後手に回り、手遅れになっていきます。
その価値はひとえに希少な高山植物群落にあります。登山者にとっても、早池峰山は花の名山として知られ百名山の一つでもあり人気の山です。その山が地元行政の無関心で荒廃していっていいものでしょうか。

周年を機会に、関係機関にはこれまでの早池峰国定公園のあり方をふり返り、これから10年後、20年後にどうなっていくべきか話し合って、ビジョンを示して頂きたいですね。

* * * * *

現実には、新しいことは毎年お願いしていることすらなかなか実現しません。
老朽化した河原坊の早池峰総合休憩所の修繕を何年も前から頼んでいますが、いっこうに着手される気配はありません。



今日は大雨で、休憩所では屋根からの雨漏りにいつもどおりバケツで対応していました。昭和の風景か。
すっかり休眠状態になっていた当ブログですが、山の雪は融けて花も咲き始めています。
雪解けは早かったですが、花は特に早いというふうでもありません。

今年もコロナ対応により、6月第2日曜日の山開き行事(小田越での式典、山頂安全祈願祭、記念絵馬の配布)は行われません。
6月13日(日)〜8月1日(日)までの土日祝日に行われる車両交通規制中の、シャトルバスの運行もありません。
つまり、去年同様に、マイカー規制はするけれどもシャトルバスはないということで、その時間帯に登山したければ、車なら規制開始の午前5時前に河原の坊駐車場に到達するか、あとは徒歩か自転車かバイク、タクシーで規制区間を通行するということになります。

去年は規制を知らずに来て、岳(規制区間の入り口)から小田越登山口まで8kmを歩き、そこで力尽きて登山せずに引き返した方もありました。ご注意ください。

規制の概要はこちらをご覧ください。
2021早池峰山車両交通規制及び早池峰登山シャトルバス運休のお知らせ

20210531.jpg

5月31日の山頂直下。雪は例年より2週間ほど早い感じでなくなっています。積雪期の装備は不要です。
この2週間内にサンダルで登った人を2人は見かけましたが、それはおすすめしません。
                

さて、このブログを始めて今年でちょうど10年になりました。その間に起こった登山とインターネットに関する最大の変化は、近年の登山SNSの興隆と言えるでしょう。いま、登山する人の多くがYAMAPやヤマレコといったSNSで情報を得て登山し、また山行の記録を発信しています。
登山を計画する際に、事前にその山の雪の状態や登山道の情報などをほぼリアルタイムでチェックすることができます。
(このブログは「早池峰山現地情報」をうたっていますが、情報の速さという点では価値は相当に低下しています。)
また、投稿者同士の交流も楽しいものでしょう。
登山SNSの発展は登山者にとっては便利と言える反面、マイナス面もあります。早池峰山を愛する者にとってそれは、希少な高山植物の情報がネットを通じて簡単に流れてしまうことです。SNSによっては希少な高山植物の写真を投稿しないよう求めていますが、それを知らずに無自覚に投稿される例はあとを絶ちません。

去年、小田越コースを下山中の人物が、何かを探すように繰り返し登山道のロープからコース外に外れる行動をとっていたのを発見しました。その人物は片手にスマホを持って画面を見ながらウロウロしていました。
これはSNSの投稿写真から、花の場所を推測しながら歩いているように見えました。こうした行動は近年見かけるようになりました。
私は腕章をしてその人物に声をかけました。やはり花を探していたということですが、悪気もなく 「〇〇はどこですか?」と聞くところからすると盗掘する気は無かったようです。その花の場所を教えることはできないし、登山道からは決して外れないようにと伝えました。

このブログでは、公開してもよいと判断したものに限り開花情報を流して来ましたが、それすら考えてしまいますね。
去年はさらにコロナ禍でどちらかというと多くの人に早池峰山を訪れて欲しくなかったので積極的な情報発信をしませんでした。
今年も同じ傾向が続くと思いますが、シカ情報など登山SNSでは見られない情報などを発信できればと思います。
早いもので年の瀬を迎えました。
簡単に今年の早池峰山の人間界のまとめを書いて今年のブログを閉じたいと思います。

今年は何よりもまずコロナ禍により、夏の車両通行規制期間中のシャトルバスが運休となったことが大きな出来事でした。
例年であれば、6月第2日曜日から8月第1日曜日までの土・日・祝日には、早池峰山のメインの登山口を通る県道25号を時間車両通行止めとするのに合わせて登山者を運ぶシャトルバスを運行するところを、今年は、バスの車内が密になるために新型コロナウイルス感染対策として、バスを運休したのです。
そのため、登山者数は例年に比べて減少しました。数字で見てみましょう。

2019(令和元)年登山者数
全登山者数:14,059人 うちシャトルバス利用外登山者数:10,342人 シャトルバス利用登山者数:3,717人

2020(令和二)年登山者数(5月1日〜10月31日)
全登山者数:9,605人 (シャトルバス利用登山者数:0人)

と、いうわけで全体としては約32%減となりましたが、だいたいシャトルバス利用分がそっくり減ったような勘定です。
自家用車での登山者は感覚的にも減った感じはなく、GO TOトラベルが始まってからの10月に至っては前年比+50%でした(自然公園保護管理員調べ)。

規制期間中にシャトルバス運休を知らずに来て、規制区間の入り口で引き返した人、そこから車道を歩いて来て登山口で力尽きて帰った人などもいました。
また、規制のない期間には自家用車が集中し、河原の坊の駐車場の収容台数を超えて路上にあふれるという事態もたびたび起こりました。
このあたりは、もし来年もコロナ禍が続くのであれば、今年の状況を踏まえて対策を取る必要があります。

管理員として登山者の様子を見ていると、登山者はコロナでもアウトドアは大丈夫、それに岩手県は感染確認が全国一少なく(当時)安全だから、という感覚でいるように見えました。
早池峰山は日帰りできる山で宿泊小屋の休業という事態もなく、登山自体の禁止もなかったので来やすかったのかもしれません。
(それでも首都圏の知り合いで、本当は早池峰山に行きたいけれど感染拡大防止のため今年は登山を自粛するという方も何人もいました。)
登山中はみなさんマスクを外して歩きます。そしてそのままビジターセンターに入ってこられる方も2〜3割?はいました。
センターの入り口にはマスク着用での入館をお願いする掲示をしたり、手指消毒用の消毒液をおくなどの対策をしました。
登山中にすれ違うとき、多くの人が習慣で「こんにちは」と言ってすれ違うので、ちょっと怖かったですね。

来年はどうなるのでしょうか。誰もが不安に思いながらの年末です。
早池峰の神楽もコロナが拡がってからはまったく機会がなくなり、舞納めも舞初めもありません。
ただ、お山はあります。春が来れば雪が融け、また花も咲きます。
その姿を思い浮かべてお山に願う、そんな年末です。
みなさまよいお年を。


2020年5月3日 山頂直下にアマビエを描いた。雪が消えるまでは守られたか


2020年9月21日 車、路上までぎっしりの図