FC2ブログ
早いもので年の瀬を迎えました。
簡単に今年の早池峰山の人間界のまとめを書いて今年のブログを閉じたいと思います。

今年は何よりもまずコロナ禍により、夏の車両通行規制期間中のシャトルバスが運休となったことが大きな出来事でした。
例年であれば、6月第2日曜日から8月第1日曜日までの土・日・祝日には、早池峰山のメインの登山口を通る県道25号を時間車両通行止めとするのに合わせて登山者を運ぶシャトルバスを運行するところを、今年は、バスの車内が密になるために新型コロナウイルス感染対策として、バスを運休したのです。
そのため、登山者数は例年に比べて減少しました。数字で見てみましょう。

2019(令和元)年登山者数
全登山者数:14,059人 うちシャトルバス利用外登山者数:10,342人 シャトルバス利用登山者数:3,717人

2020(令和二)年登山者数(5月1日〜10月31日)
全登山者数:9,605人 (シャトルバス利用登山者数:0人)

と、いうわけで全体としては約32%減となりましたが、だいたいシャトルバス利用分がそっくり減ったような勘定です。
自家用車での登山者は感覚的にも減った感じはなく、GO TOトラベルが始まってからの10月に至っては前年比+50%でした(自然公園保護管理員調べ)。

規制期間中にシャトルバス運休を知らずに来て、規制区間の入り口で引き返した人、そこから車道を歩いて来て登山口で力尽きて帰った人などもいました。
また、規制のない期間には自家用車が集中し、河原の坊の駐車場の収容台数を超えて路上にあふれるという事態もたびたび起こりました。
このあたりは、もし来年もコロナ禍が続くのであれば、今年の状況を踏まえて対策を取る必要があります。

管理員として登山者の様子を見ていると、登山者はコロナでもアウトドアは大丈夫、それに岩手県は感染確認が全国一少なく(当時)安全だから、という感覚でいるように見えました。
早池峰山は日帰りできる山で宿泊小屋の休業という事態もなく、登山自体の禁止もなかったので来やすかったのかもしれません。
(それでも首都圏の知り合いで、本当は早池峰山に行きたいけれど感染拡大防止のため今年は登山を自粛するという方も何人もいました。)
登山中はみなさんマスクを外して歩きます。そしてそのままビジターセンターに入ってこられる方も2〜3割?はいました。
センターの入り口にはマスク着用での入館をお願いする掲示をしたり、手指消毒用の消毒液をおくなどの対策をしました。
登山中にすれ違うとき、多くの人が習慣で「こんにちは」と言ってすれ違うので、ちょっと怖かったですね。

来年はどうなるのでしょうか。誰もが不安に思いながらの年末です。
早池峰の神楽もコロナが拡がってからはまったく機会がなくなり、舞納めも舞初めもありません。
ただ、お山はあります。春が来れば雪が融け、また花も咲きます。
その姿を思い浮かべてお山に願う、そんな年末です。
みなさまよいお年を。


2020年5月3日 山頂直下にアマビエを描いた。雪が消えるまでは守られたか


2020年9月21日 車、路上までぎっしりの図
スポンサーサイト



7月も中旬になり、山の花は見頃を迎えています。新型コロナウイルス対応のためシャトルバスが運行していない今シーズンは、登山者は土日には少なく平日に分散しています。8月2日(日)までの土日祝日はシャトルバスの運行はなく、ただし交通規制はありますのでお気をつけ下さい。

早池峰山車両交通規制及び2020シャトルバスの運休のお知らせ


さて、今日はそれとは直接関係ない話です。

少し前になりますが、5月24日(日)、早池峰山の登山道外でロッククライミングを楽しむ8人のグループの姿が見られました。



場所は閉鎖中の河原坊コース登山道の打石(1686m)〜千丈ヶ岩(1750m)の西方約100mの岩場です。
当該グループは通行禁止のバリケードが置かれた河原坊登山口から入山し、河原坊コース登山道を打石(1686m)付近まで登り、登山道を西側に外れてトラバース、岩場に取り付いたとみられます。
たまたま、河原坊コース頭垢離に設置された防鹿柵の見回りに入っていた自然公園保護管理員(筆者)が発見しました。


現場はこの辺り。

グループはヘルメット、ロープその他登攀器具を装備してロッククライミングを行なっていました。発見した時すでに午後1時ごろだったので、現場まで確認に行く間に山頂稜線に抜けられては追いつけないと思い下から監視していましたが、一行は違う岩場を何本か登ったあと上には出ずに打石の方に戻り下山する様子でした。

さて、このクライミング行為にはいくつかの問題点がありました。

一つは、通行禁止措置がとられている河原坊コースを通行しているということ。通行禁止は、登山道の管理者である岩手県生活環境部自然保護課が取っている措置で特に法的に罰則等のあるものではありませんが、重大なマナー違反ということになります。

次に、クライミングの行われていた場所は早池峰国定公園の特別保護地区になります。そこでクライミングを行うことに対する規制はないのでしょうか。実は、国定公園や国立公園について定めた自然公園法には、山岳登攀を禁止する条文はありません。しかし登攀自体を禁止していなくても例えば、岩にハーケンを打ち込んだりすると当てはまりそうな「土地の形状変更」には知事の許可が必要です。これに違反した者は六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金が科されます。

また、早池峰山にかかっている法規制は自然公園法だけではありません。文化財保護法もあります。早池峰山の高山帯と植物群落は、「早池峰山および薬師岳の高山帯・森林植物群落」として特別天然記念物に指定されています。「その現状を変更し、又はその保存に影響を及ぼす行為をしようとするときは、文化庁長官の許可を受けなければならない」のです。こちらの違反には五十万円以下の罰金。

5月24日の彼らは、登攀用の支点作りには岩を傷つけないナチュラルプロテクションなどを使用しているようにも見えましたが、すべての支点で岩に穴を開けなかったかどうかは確認できていません。


左はクラックにナチュプロをかませている様子だが右は?


器具は回収していった。

さて、実は早池峰山の登山道外でのクライミング行為における問題は、岩に傷をつけたかどうかだけではありません。
今回のご一行様は、岩場への出入りに登山道外の高山植物帯を歩いていました。



自然公園法では、国定公園の特別地域での「指定植物の採取・損傷」にも事前に知事の許可が必要です。違反した者は六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金。(追記:特別保護地区内では、指定によらずすべての植物の採取等に知事の許可が必要)
また、「岩手県希少野生動植物の保護に関する条例」でも、「指定希少野生動植物」の「生きている個体を捕獲、採取、殺傷、損傷してはならない」と定められています。違反した者は1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

早池峰国定公園の指定植物には200種を超える膨大な種が指定されているのでここに書くことはできませんが、早池峰山の高山植物帯で見られるほとんどの植物が該当します。また、「岩手県希少野生動植物の保護に関する条例」の方では、ハヤチネウスユキソウやナンブトウウチソウなど10種類が指定されています。
つまり、これらの植物を踏んで歩いて損傷した場合、上記の法律違反に問われることになるのです。

また、先ほどの文化財保護法に照らしても、文化庁長官の許可なく特別天然記念物である高山植物群落を損傷(現状変更)すれば五十万円以下の罰金となります。

最後に、国有林の規程についても触れておきます。早池峰山(鶏頭山から早池峰山を経て高桧山の西側に至る早池峰連嶺)と薬師岳のだいたい標高1000mから上のエリアは「早池峰山周辺森林生態系保護地域」の「保存地区」に指定されています。そこでは、既設の登山道、山小屋等の周辺以外は原則立ち入りができないことになっています。


うすゆき山荘の前に看板があります。

このように、今回のクライミング行為は「自然公園法」・「文化財保護法」・「岩手県希少野生動植物の保護に関する条例」の三つの法令と「早池峰山周辺森林生態系保護地域」の規程に違反している可能性がありました。

その日、当該グループはなかなか下山してこなかったので我々自然公園保護管理員は直接問い質すことはできませんでしたが、駐車してあった車から岩手県内のグループらしいと思われました。そこで、岩手県自然保護課に報告し、県から岩手県山岳協会等に問い合わせてそうした行為を行なった山岳会などが判明した場合、当人達に事実確認を行い、今後はしないように注意をしてほしいと要望しました。

それから一月半以上経ちますが、何も進展があったとは聞いていません。私はここに情報を公開し、これがもし当人達か知り合いの目に触れるならば、このような行為は法令違反に問われる可能性があると知ってもらいたいです。

私はクライミングという文化を一概に否定するものではありません。しかし、早池峰山にこれほど厳しい規制の網がかけられているのはひとえにその高山植物群落の希少価値からです。そこが他のどんな岩場とも違っている点です。岩に登りたいなら日本中、いや世界中にゴマンと岩場はあります。岩の隙間のわずかな土壌に根を張る早池峰の高山植物がどれだけ脆く厳しい生育条件の中で生き残っているか。希少な植物を踏み越えてする岩遊びはやめてもらいたい。

これは、毎年数組のグループが行う、「奧鳥沢から早池峰山縦走コースへ登る沢登り」にも言えることですが、それについてはまた機会を改めたいと思います。

10/28 追記:
この件について、岩手県自然保護課は9月には当該グループを特定し、こうした行為をしないよう指導し、代表者は反省していたとのことです。
世界中に深刻な被害を与えている新型コロナウイルス。日本でも東京都など7都府県に緊急事態宣言が出されました。
早池峰山のふもと花巻市でも宮沢賢治記念館をはじめ多くの公共施設が休館になっています。早池峰神楽の公演もしばらく中止になりました。
ところで岩手県には日本の人口の約1%、122万人が暮らしているにも関わらず、いまだに一人の新型コロナウイルス感染者も見つかっていません。
その理由を考えてみました。

①岩手県民は無口なので具合が悪くても言わない。
②岩手県民は我慢強いので具合が悪くても我慢している。
③岩手県民は雨ニモマケズ風ニモマケズ夏ノアツサニモコロナニモマケヌ丈夫な身体を持っているので感染しない。
④コロナに感染していると分かると村八分になるので黙っている。
⑤岩手県民だけが新型コロナウイルスの抗体を持っている。
⑥検査して陽性だった人を片っ端から埋めている。
⑦県境で感染者を検知しては追い返している。
⑧人口密度が低すぎて感染しようにも隣の人に届かない。
⑨座敷わらし、河童、オシラサマなどが結界を張ってコロナを入れないように守っている。
⑩実は検査をしていない。

いかがでしたか?これで笑えた人は免疫力が上がりましたね。
⑨だったらいいのですが、日本のドリームランド岩手県といえどこの波は避けられないものと思っています。いつかこんなこともあったと言える日まで、頑張ってこの危機を乗り越えましょう。

※⑩について、岩手県のために書いておくと、4月7日までに岩手県では104件のPCR検査が行われ結果は全て陰性となっています。ただ、「帰国者・接触者相談センター」で受け付けた相談件数2399件に対して検査が行われた件数が104件だけなんですよね…
岩手県 新型コロナウイルス関連情報


広大な山並みの麓に人家が点在する北上山地。
2015.10.09 雑記
紅葉は河原の坊より下がって、今はうすゆき山荘~清廉の滝あたりが見頃になっている。


うすゆき山荘 2015.10.8





道を歩いていると、ブナの実が例年より多く落ちているのに気付く。今年はドングリもブナも豊作のようで、そのせいだろうかクマが里に出た話を聞かない。クマといえば先頃、早池峰山の東尾根を剣ヶ峰方面へ下りてみたが、


剣ヶ峰 2015.9.28



剣ヶ峰の標識がクマにかじられていた。木製の標識がクマにかじられるのはよくあることだ。この標識は数年前に立てられた比較的新しいものだが、それを運んだのは旧川井村の管理員、M川さんだった。もう山もしまいの11月、すっかり白くなった早池峰山の小田越コースを登っていると、前方に十字架のようなものを背負った人影が見えた。



一瞬ゴルゴタの丘へ向かうキリストかと思ったが、近づいてみると



丸太ん棒にたすきをかけて背負ったM川さんだった。M川さんは森林管理署の仕事もしていたが、こんな季節にこんな方法で上げるしかなかったのだろうか。おそらく他の誰もこのように担ぎ上げることはできないだろう。少なくとも私には手伝うことはできなかった。
M川さんはその後自宅でクマに顔をかじられてしまって1年間山の見回りを休んだが、驚くべき回復力で翌年には復帰し、今も早池峰山を巡視している。その剣ヶ峰の道標もクマにかじられてしまったが、次の新しい丸太をM川さんが上げるのは難しいだろう。森林管理署の若い人にはぜひ「たすき一本背負い」の技を伝承してもらいたい。




早池峰山を時折、轟音と共にジェット機が通り過ぎることがある。自衛隊なのか米軍なのか、小田越の上空、早池峰山頂と薬師岳山頂の見通しよりも低い高さを飛んだり、鶏頭山と毛無森の間を飛ぶこともある。


2015.10.6

この日の飛行機は空色の双発ジェット機で、調べてみると航空自衛隊航空救難団のU-125Aという機体らしい。西から来て河原の坊~小田越上空を3往復し西へ去った。何の訓練なのか、まさか紅葉狩りではあるまい。


2015.04.13

白梅 2015.4.12 大迫 観音堂台地

北国にも待ちわびた春が来た。家にこもってひっそりと雪の降り積む音を聞きながら耐えるような半年間の冬が終わり春が来たときの感慨は、雪もなく冬といえば青空というような地方に住む人々にはなかなか想像できないのではないだろうか。


大迫あたりでは梅、コブシ、レンギョウ、スミレ、水仙、菜の花、カタクリなどがいっせいに開いている。 2015.4.12


お山の雪もとけ始めた。 2015.4.12


と思ったら今日にはますます岩肌が見えてきた。 2015.4.13



桜もちらほら開き始めた。 2015.4.13

早池峰神楽の神歌に、「春来れば 梅も桜も諸共に 想い開くは年の春かな」というのがある。そんな感じ。