上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年10月18日 河原の坊より

早池峰山周辺の紅葉はすでに河原の坊より下流の魚止めの滝あたりまで下がっています。山はすでに何度か冠雪しています。
河原の坊の総合休憩所(ビジターセンター)は10月20日で閉館し駐車場のトイレも閉まりますので、以後はトイレは裏手の冬季用トイレをご利用ください。小田越登山口に至る県道25号は11月8日(水)の午前11時に花巻市側の岳と宮古市側のタイマグラでゲートが閉まり冬季通行止め期間に入る予定とのことですが、小田越に雪が積もれば通行止めが早まることもあります。天気情報に注意してお出かけ下さい。


さて、シカの話です。早池峰山周辺では近年ニホンジカ(以下、「シカ」は全て「ニホンジカ」を指す)が増えていることは度々書いてきましたが、ふたたびここで話題にするのはシカによってもたらされている変化が急激で劇的なものだからです。
今年、河原の坊の周辺では何種類かの植物がほとんど見られなくなりました。具体的にはオニシモツケ、ヨツバヒヨドリ、クガイソウ、マルバキンレイカなどです。去年まではこのあたりで普通に見られたものでしたが、今年は明らかにニホンジカの採食によって個体数を著しく減少させました。今、河原の坊登山口周辺ではヨモギやノコンギク、トリカブトなどシカが食べない草ばかりが目立つようになっています。(以下、写真は全て2017年)


オニシモツケが姿を消しヨモギが目立つ河原の坊駐車場周り(9月20日)


ノコンギクも目立つ(9月27日)

また、河原の坊登山口周辺だけでなく河原の坊コース登山道や小田越コースの登山道、はては早池峰山頂付近でもシカの食痕が明らかに増え、早池峰山の固有種である植物にも食痕が認められました。


7月1日の記事「早池峰山麓のシカ」で報告した、河原の坊登山口近くのクガイソウですが、食べられては葉を出し、また食べられてを繰り返してついに花は咲きませんでした。来年には絶えるでしょう。(8月30日 標高1100m付近)


懸案のマルバキンレイカは、去年首が届かないから食べないのだなと思っていた場所も食べられてほぼ消滅しました。(9月15日 河原の坊登山口近く・標高1120m付近)


閉鎖中の河原の坊コース登山道では、早池峰山の固有種であるナンブトウウチソウに食痕が増えました。近縁種のシロバナトウウチソウは去年からよく食べていましたが、やはりナンブトウウチソウも食べるようです。(9月4日 御神坂・標高1430m付近)


同上


さらに、固有種のミヤマヤマブキショウマも食べていましたし、(9月4日 御神坂・標高1530m付近)


また固有種の一つであるナンブトラノオも食べられていました。(9月4日 千丈ヶ岩上方・標高1800m付近)


同上


今のところ早池峰山のシンボル的な固有種、ハヤチネウスユキソウにはそれらしい食痕を見つけていません。同じキク科のヤマハハコは好まないのかあまり食べていません。(9月27日)


しかし全く食べないというわけでもありません。シカはとりあえず何でも食べます。有毒のトリカブトにも、好まないらしいヨモギにも食痕はあります。今以上にシカの個体数が増えて標高の高いところに侵入してくればハヤチネウスユキソウも必ず食べるでしょう。(同上)


標高の高いところといえば、夏には山頂直下のお花畑にセリ科の植物を派手に食べたあとがありました。(9月4日)


そしてその足元のコバイケイソウ(有毒)を踏み荒らしていました。(同上)

これらはおそらく山頂付近まで森林の続く、北側の門馬コース側から侵入したシカによるものと思われます。ニホンジカは岩場歩きをあまり好まないからです。ただこれも憶測なので本当の侵入経路はわかりません。

7月の記事にも書きましたが、今年の特徴は食べられた植物の量と種類と生育面積が拡大した中で、「草」だけでなく「木」で食痕が大幅に増えたことです。タニウツギ、ヤナギ属、カエデ属、タモ、ナナカマド、ブナなど…数え上げればきりがありません。


このコシアブラは繰り返し食べられているのでしょう。秋になったのに、こんなに小さな若葉を出しています。(9月20日)


県道25号の河原の坊〜小田越間ではシカの首が届くあたりまでの高さの草や木の枝はきれいに刈られたようになくなっています。(9月4日)


ミネカエデが紅葉した時、その高さにはもう葉はありませんでした。(10月3日)


県道脇の林内に入って道路側を見るとスカスカで丸見えです。以前はこのようなことはありませんでした。(9月7日)


悲しきイタドリ。(9月25日)


県道沿いの状況は、花巻側だけでなく小田越の反対側、宮古側でも似たようなものです。(9月29日)


このまま人間が何もしなければ、来年にはこの辺りの植生はさらに変わってしまうでしょう。おそらく河原の坊コースでは頭垢離(標高1377m)付近まで侵入するシカが増加し、南斜面のお花畑の植物を食べるでしょう。そこには今年食べられていたナンブトウウチソウやミヤマヤマブキショウマ、ナンブトラノオだけでなくハヤチネウスユキソウやヒメコザクラ、チングルマなど様々ないわゆる希少種や高山植物が生えています。小田越コースでも一合目までの樹林帯での採食が拡大するでしょう。また登山道の外でも岩場でない限りさらに侵入が拡大するでしょう。

さて、この記事の中ではこれまで、「食害」とか「被害」という言葉をあえて使ってきませんでした。この地域でニホンジカの個体数が増加し生息範囲が広がり、被食される植物が増えている、という現象は「害」でしょうか?それは、人間が「価値が損なわれた」と捉えた時に初めて「害」になります。農作物被害のように。早池峰山の植物をシカが食べているのは「害」でしょうか? 個人的には、植生が変わりつつある現在の環境は私の眼には「荒廃」に映り、残念に感じます。高山植物が消滅すればさらに残念に思うでしょう。

今のところ、公園管理者の岩手県や国有林の管理者の森林管理署、環境省などはこの「変化」をそれほど「害」だと考えていないのではないでしょうか。早池峰国定公園(県)や早池峰山周辺森林生態系保護地域(森林管理署)、自然環境保全地域(環境省)などの指定の「価値」の源である、固有種や希少植物への食「害」の報告がまだ届いていないのかもしれません。フキやヤグルマソウ、オニシモツケでは「害」にならないのです。だからほとんど何の対策も取られていないのでしょう。そうでなければとっくに何か手を打っているはずです。シカの生息調査だけはもう何年も前からしているのですから。
(実際は、2012年にすでに東北森林管理局の調査でナンブトウウチソウに食痕が記録されている。>早池峰山周辺のニホンジカの生息状況

今年に至る、早池峰山麓でのニホンジカ増加は2012年ごろから激化しました。>「ほしがらす通信・2013/9/28・早池峰山のシカ問題」 改めて「早池峰山 シカ」で検索してみると、2013年ごろに多くの記事がヒットします。それから5年あまりの間、ハンターによる主に冬場の山麓地域での駆除以外、実際にはほとんど何のシカ対策も取られて来なかったように思われます。個体数管理、つまりハンターによる駆除は残念ながら目立った成果を上げていません。シカの増加数がハンターによる捕獲数を上回っているのだと、当のハンターさんが話していました。
このまま何もせずに来春を迎えれば、必ず希少種への食「害」が拡大します。その時になって会議を開いても手遅れでしょう。特定の植物に「価値」を認めるのであれば、それを守る行動を取るべきではないでしょうか?高山植物を人間が盗掘するのを防ぐために監視員を置いているように(ところで三陸北部森林管理署では今年、去年まで置いていた早池峰山周辺森林生態系保護地域の巡視員をゼロにしましたが、これは全く不適切でした)。

シカを防ぐには何が有効なのでしょうか。これまでに、岩手県以南・関東以西の地域ではとっくにニホンジカによる食害は進んでいて、対策の知見も蓄積しているはずです。例えば防鹿柵は?早池峰山域のシカは冬に一旦積雪の少ない山麓地域に移動します。春、雪解けの時期に再びそれらのシカを侵入させないことが最も重要な対策になるはずです。ハンターによる狩猟圧も、まとまった予算を投入して集中させる必要があるのでは。「価値」があるのなら、対策を取らなければ。さもないと本当に早池峰山はハゲ山になります。関係者の皆さんが決断すべき時です。もう手をこまぬいている時間はありません。



最近、河原の坊あたりで毎日鳴いてるのはこれか。秋の鹿が黒いのはヌタ場で泥を体になすりつけるからだそうな。オスのアピール期間ですな。(10月2日 マルバキンレイカのあった場所で)



スポンサーサイト
朝晩冷え込むようになり、紅葉は山腹から登山口まで下りてきました。


9月29日 小田越付近


9月29日 小田越付近


9月29日 河原の坊



この前日は雨で中岳中腹に幻の滝が出現   9月28日




10月3日  河原坊登山口周辺も色づいてきて


山荘脇のウリハダカエデも染まってきました。


オオカメノキ


ウリハダカエデの早いのは雨で散りました。


ハウチワカエデ


ハウチワカエデ


ツタウルシ


小田越の花巻側


10月4日 燃えるようなミネカエデの赤。


そして山はうっすらと雪化粧。

小田越登山口ではもう、日中でも気温がひとけたまで下がります。ということは早池峰山特有の西風(ハヤチネの語源の一つは、「ハヤチ=ハヤテ=疾風 の山」)に吹かれれば体感温度はマイナスに。山頂では気温も氷点下になります。これからは風を通さないジャケットにダウン・帽子・手袋・ネックウォーマーなど防寒の備えを十分にして登り、天候の急変時には無理をせず引き返しましょう。紅葉はもう登山口まで下りてきているので、紅葉が目当てなら山に登る必要はありません。


2017/10/5 追記
今日は晴れて、朝のうちは冠雪した早池峰山が青空によく映えていました。


2017年10月5日


山頂付近


小田越コース七合目から八合目付近。

岩手山は今日初冠雪を記録しました。初冠雪は盛岡気象台からの目視によるので、そこからは見えない早池峰山の冠雪は記録されることがありません。

... 続きを読む
早池峰山地域では、今年は紅葉の始まりが早いようです。すでに早池峰山(1917m)の中腹で見頃を迎えているほか、薬師岳(1644m)山頂・鶏頭山(1444m)山頂付近でも紅葉が見頃になっています。今朝は冷え込んで、河原坊では最低気温が5℃まで下がりました。


小田越から見える薬師岳北面は美しく染まっていました。


薬師岳登山道に入ると、オガラバナや


ミネカエデが色づいています。


稜線に出ると、薬師岳山頂の北側がちょうど見頃になっていました。


花崗岩とミネカエデ、それにシャクナゲやコメツガなどの常緑樹が織りなす景観。











山頂から西側を見る。右上隅は岩手山。早い時間には鳥海山も望めたそうな。東方向には宮古湾が見えました。


早池峰山もきれいに見えていました。


早池峰山の中腹も見頃な様子です。

そこで、薬師岳を下りた後で、早池峰山小田越コースの一合目まで行ってみました。


やはり紅葉しておりました。


早池峰山の紅葉は、ミネザクラやミネカエデなどが中心ですが、常緑樹の中に散らばっているのでそれほど圧倒的ではありません(毎年同じようなことを書いてる)。


ミネカエデ


久しぶりの快晴でした。この週末も好天が続けばよいのですが。


2017.09.11
ふぅ。役場ワイファイ(前回参照)。

里では稲穂が色づきアキアカネも山から下りて来ています。ということは、山でも少し前から秋めいてきています。


ナナカマドの実が赤く色づいています。小田越一合目。 2017/9/9


ヒロハヘビノボラズの実。


ミネザクラは他の木々に先駆けて一足早く紅葉が始まっています。


足元に目を転じると、早池峰山の固有種の一つミヤマヤマブキショウマも美しく紅葉しています。


ミヤマヤマブキショウマ(左)とミヤマウイキョウ(右)


花はというと、ナンブトウウチソウはまだ見頃です。


ナンブトラノオも。


ミヤマヤマブキショウマには雄花と雌花があって、花の季節には雄花が目立つのですが、秋には種をつける雌花の方が目につきます。


五合目では長くたくさん咲いたチシマフウロも種子をつけていました。


頂上稜線でもミネザクラは紅く染まっています。


ミネカエデ(左)とミネザクラ(右)


赤いところばかり撮っているけど、頂上付近全体ではこんな感じ。まだ色づき始めたところです。早池峰山の高山帯で紅葉が目立つ木はミネザクラとミネカエデ、オガラバナにナナカマドくらいです。それぞれ時期がずれるし、コメツガやアオモリトドマツ、ハイマツなどの常緑樹もあるので全山真っ赤にはなりません。あと赤くなるのは草ではミヤマヤマブキショウマ、ホソバイワベンケイ、ウラシマツツジ、チシマフウロなどです。


ホソバイワベンケイも小さいながら存在を主張。


ウラシマツツジ


ホソバイワベンケイ


ミヤマヤマブキショウマ


ところで、報告が遅れましたがミヤマアキノキリンソウはだいぶ前から咲いていました。


山頂付近ではミヤマダイモンジソウもまだ見られます。


今ごろはハヤチネフキバッタが登山道にたくさんいるので踏まないように気をつけてください。


冬を前に岩の隙間のわずかな土の中に産卵中。卵は雪の下で夏空の夢を見るのでしょうか。


秋は日暮れが早いので天気が良くても下山はお早めに。



平成29年大迫あんどんまつり各組の山車

8月14日

上若組


正面 風流 天狗


見返し 風流 連獅子

下若組


正面 飯縄権現


見返し 宿場乃夜

若衆組


正面 風流 葛城山


見返し 膝丸

川若組


正面 風流 大相撲


見返し 風流 三太郎

今年は大迫の町割りが整備されてから400年だというので弘前のねぷたが招かれたせいもあり、人出は多かったようです。



さすがに津軽衆は囃子も荒っぽく勇壮で、大迫あたりの、つまり南部ののんびりした人々はびっくりしたのではないでしょうか。おれはびっくりした。


8月16日

上若組


正面 風流 平九郎蛇退治


見返し 風流 阿弥陀如来

下若組


正面 天竺徳兵衛


見返し 五条大橋

若衆組


正面 毘沙門天


見返し 不動明王

川若組


正面 風流 文殊菩薩


見返し 風流 布袋尊




-----------------------------------------------------

すっかりブログの更新が滞っているが、これには訳があって(モチベーションの低下だけでなく)、インターネット接続環境の問題である。

筆者は今年、大迫の中心地からやや外れた地域に引っ越したのだが、ここにはインターネットの光ケーブルが通っていない。大迫の街なかでさえNTT東日本くらいしか光を引いていないのだが、私の住んだところは今後も整備する予定がない地域なのだという。
現在、花巻市内では全世帯比の約96.4%にあたる地域で光ブロードバンドが使えるが、大迫の内川目・外川目地区、東和の小山田地区の一部・浮谷内地区・田瀬地区には光ファイバー回線がない。NTT東日本ではこれらの地域は「将来を含め光ブロードバンド整備の対象としていない」そうな。多分、都会(花巻市内でさえ!)に住んでいる人はそんな問題が日本にあるなんて考えたこともないだろう。

筆者は引っ越しにあたりそれまで入っていた光回線の契約を解約し、今の家ではそのあたりで唯一繋がるドコモの電波で、普段はスマホでインターネットを見ている(パソコンで見るときはテザリング)。ところがそれではブログの画像のアップロードなどのデータ送信に難がある。そこで大迫の図書館にあるwifi(大迫総合支所と同じ設備)を使って容量の大きいデータ通信をしているが、図書館は午後6時には閉まってしまう。6時以降は支所の駐車場に駐めた車内でwifiに接続してデータを送ったりしている(たった今もそうしている)。ところがこの「役場ワイファイ」は1時間で接続が切れてしまうのでその度に登録したパスワードで再ログインしなければならない。

このあんどんまつりの原稿も一週間前に作成し、駐車場の車内から「役場ワイファイ」経由で記事を保存しようとした。ところが接続が切れていて、保存されていなかった原稿が全て消え真っ白な入力画面が残った。私は絶望して、暗くなった車内で静かにノートパソコンを閉じた。

早池峰山の向こう側、日本で最後に電気が通ったというあのタイマグラ集落でさえ、数年前には光ケーブルが通ったというのに!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。