FC2ブログ
2019.07.07 花盛り
小田越コースではいろいろな花が見ごろを迎えています。(写真は7月1日〜5日)


樹林帯にはギンリョウソウ。


ミヤマアズマギク。一合目ではもうちょっとくたびれてきてます。


早池峰山の固有変種、ミヤマヤマブキショウマはきれいに咲きそろい始めました。これは雄花。


ミヤマヤマブキショウマの雌花です。よく見ると雌雄が分かります。


牧野富太郎が早池峰山で発見したカトウハコベ。


五合目にはチシマフウロ。

さて、ハヤチネウスユキソウです。三合目〜四合目ではハヤチネウスユキソウまつりが絶賛開催中です。今年は多いように思います。この土日は久々に天候に恵まれた週末となったので、たくさんの人が楽しんだことでしょう。








画面からはみ出すくらいに。


ここからは九合目〜頂上稜線上の花。


コケモモ


御田植場にはハクサンチドリ。


チングルマとコイワカガミ。


遅咲きのヒメコザクラ。

今年は頂上稜線に例年より遅くまで雪が残っていた(完全に消えたのは7月1日)ため、花期の早い花が頂上付近では今でも楽しめます。


ミネザクラで7月にお花見。


2019年7月5日に見られた花(小田越コース)
ナンブトラノオ ツマトリソウ ミヤマキンバイ ミヤマアズマギク ミヤマシオガマ ミヤマオダマキ ミツバオウレン ミヤマハンショウヅル ナンブイヌナズナ イワウメ ハクサンチドリ ヤマガラシ ホソバイワベンケイ ハヤチネウスユキソウ キバナノコマノツメ ミヤマヤマブキショウマ ギンリョウソウ コケモモ チシマゼキショウ ヒメイワショウブ ウラジロナナカマド コイワカガミ ミヤマカラマツ ムシトリスミレ マイヅルソウ ヒメコザクラ チングルマ カトウハコベ ヨツバシオガマ イソツツジ ミネザクラ チシマザクラ アオノツガザクラ ホソバツメクサ イワオトギリ チシマフウロ コヨウラクツツジ タカネクロスゲ コタヌキラン コバイケイソウ エゾノヨツバムグラ ウスバスミレ
スポンサーサイト
あっという間に時間が経って、山開きも昔に感じられます。花が入れ替わってきています。(写真は6/23・6/25)


キバナノコマノツメが見頃です。


ミヤマシオガマも盛りです。

ミヤマオダマキも綺麗に盛りを迎えてきていますが、写真撮るの忘れました…


ハヤチネウスユキソウも開花しました。


日曜日は雨で、落ち着いて写真を撮ることが出来ませんでした。


やはり早池峰山の固有種の、ナンブトラノオも咲いています。

いま、ミヤマヤマブキショウマも咲き始めましたので、固有種がハヤチネウスユキソウ、ナンブトラノオ、ミヤマヤマブキショウマと、三種類見られます。わずかに残っていたヒメコザクラに気づいた人は、四種類見られましたね。
まあ、葉っぱならナンブトウウチそうも出ているので花にこだわらなければ(?)五種類コンプリートできます。


五合目のイワウメは終わっちゃいましたが、七合目にはまだ固まって咲いていました。


山頂ではミヤマキンバイが今を盛りと咲き誇っています。

2019/6/25 に見られた花(小田越コース)
オサバグサ ミツバオウレン ミヤマスミレ ムラサキヤシオ コヨウラクツツジ ミヤマキンバイ ミヤマアズマギク ミヤマシオガマ ホソバイワベンケイ チシマアマナ ヒロハヘビノボラズ ミヤマハンショウヅル ヒメシャクナゲ ミヤマタネツケバナ ナンブイヌナズナ イワウメ チングルマ ミヤマオダマキ キバナノコマノツメ マイヅルソウ ヤマガラシ ミヤマヤマブキショウマ タカネナナカマド ナンブトラノオ サラサドウダン ヒメコザクラ ハヤチネウスユキソウ カトウハコベ チシマゼキショウ コタヌキラン タカネクロスゲ ショウジョウバカマ コケモモ





日曜日の山開きを前に、早池峰山頂付近にはまだ雪が残っていますが、連日の高温で花は次々と開いています。

山開きの情報はこちら↓
早池峰国定公園 山開き(花巻観光協会)


6月2日、九合目〜山頂間にある「賽の河原」はまだ厚い雪に覆われていました。


山頂直下にも雪。メッシュの運動靴や、1シーズンで劣化して底から水の浸みてくる安物の長靴などでは足が濡れてしまいますのでやめたほうが良いでしょう(花巻市さん、早く新しいのをお願いします)。


以下は、6月2日と4日に咲いていた花です。(記載のないものは6/2)

小田越コース樹林帯


ミツバオウレン 


コミヤマカタバミ


オサバグサも咲き始めました。


樹林帯の登山口近くにはオオカメノキ (6/4)


コヨウラクツツジ (6/4)

一合目〜八合目


ミヤマキンバイは見頃が長いです。


ナンブイヌナズナの黄色も目にまぶしいです。


ヒメコザクラ そろそろ見頃を過ぎてきましたがまだ見られます。


チシマアマナ

<
ヒメイチゲ


チングルマ たくさん咲いているのですが、お日様の方を向いているので手の影を入れずに撮るのが難しいのです。


一合目にミヤマアズマギクも咲き始めました。(6/4)


ミヤマシオガマも、2日にはなかったと思いますが4日には咲いていました。(6/4)


五合目のイワウメは、2日に登るときはつぼみで下りには開き始め、4日には五分咲きに。(6/4)


ウラシマツツジは山開きの日にはもう終わっているでしょう。


ミヤマタネツケバナ (6/4)


ヒロハヘビノボラズも開き始めました。 (6/4)


6/2〜6/4に見られた花
オサバグサ ミツバオウレン コミヤマカタバミ ウスバスミレ ミヤマスミレ オオカメノキ
ムラサキヤシオ コヨウラクツツジ ヒメタケシマラン ミヤマキンバイ ミヤマアズマギク
ミヤマシオガマ ヒメコザクラ チシマアマナ ヒメイチゲ ヒロハヘビノボラズ 
ミヤマハンショウヅル ヒメシャクナゲ ミヤマタネツケバナ ナンブイヌナズナ
イワウメ ウラシマツツジ チングルマ ミネザクラ チシマザクラ


最後に一つ。

早池峰山では河原坊コースの通行止めが続き、メインは小田越コースになっていますが、駐車場は河原坊登山口にしかなく、小田越登山口にはありません。小田越から登りたくても河原坊に車を駐車して、小田越まで歩かなければなりません。これは以前と変わらないのですが…
去年まで、小田越を通る県道25号の、小田越に近い道路脇のスペースに車を止めて登山をする人が後を絶ちませんでした。
今年は岩手県の方針により、そのスペースには一切車を駐車できないように支柱が立てられロープが張られています。



車で早池峰山に来て小田越コースを登山される方は河原坊駐車場に車を駐車し、小田越登山口まで約40分歩くことになります。
小田越までの舗装路を歩きたくない方は、6月9日(日)以降8月4日(日)までの土・日・祝日にシャトルバスを使えば、小田越登山口まで歩かずに行くことができます。

早池峰山のマイカー規制(2019年)は、「6月9日(日)〜8月4日(日)の土・日・祝日、普通車は午前5時から午後1時まで(大型・特定中型は午前5時から午後5時まで)、早池峰山南面の登山口に通じる道路のある区間を通行できない」という規制です。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

早池峰山車両交通規制のお知らせ
早池峰登山シャトルバス運行時刻表



里では雪の少ない冬でしたが、春先にどかどか降った雪が山ではとけずに、結果としてこの春の早池峰山は例年より残雪が多いようです。


5月5日 小田越コース九合目より山頂方向


同 山頂直下から東方向。宮古湾はもちろん、この日は360度大展望、岩木山や八甲田までも見えました。


同 小田越コース登山口から一合目までの樹林帯

5月10日には県道25号のゲートも開き、河原の坊に駐車して登山できるようになっていますが、小田越コース一合目までの樹林帯と、九合目から山頂までにはまだ残雪があります。アイゼンやピッケルなどは必要ありませんが、雪上歩行に自身のない方は6月第2日曜の山開きまで待った方がいいでしょう。まだ花も咲いていません。
河原坊コースは今年も通行禁止が続いていますので、他の登山コースを利用することになります。


そういえば二合目の手前の岩場にカモシカが休んでいた。
いいなあ、大きくなったらカモシカになりたい。


なに?

カモシカは以前から早池峰山に生息していて、急に個体数が増えたりもしない生態なので早池峰山の環境にとって脅威ではありません。


小田越に下りてきたらホシガラスもいた。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

さて、シカ。

5月1日
河原坊の登山口付近でシカの警戒声を聞きました。

5月2日
河原坊の登山口からすぐの登山道上でシカ1頭を目撃しました。
(河原坊登山道は閉鎖中ですが、管理のために入っています)


シカは右手から左方向に跳ね飛んで逃げ、あっという間に川を渡り対岸の斜面を駆け上った。
私は後を追って、写真を撮った!


…手にしていたスマホで。そういう時に限ってちゃんとしたカメラを持っていないものです。


でも写ってるんだ!


雪の上には、その日のものと見られる成獣2頭、子鹿1頭分の足跡が残っていました。
この日、小田越コース一合目付近で登山者がシカ2頭を目撃したそうです。
まだまだ雪が残るのにシカの出足は早いです。

この日私は、昨年岩手県自然保護課が設置した防鹿柵をチェックしに行くところでした。

昨シーズンの終了時の状況は↓
ほしがらす通信 2018.12.31 「今年のまとめと来年の展望」


5月2日 一番登山口に近い標高1115m付近。そのまま残した柵は、冬の積雪を乗り越え、ネットや張り綱の緩みもほとんどなく立っていました。ここでも積雪は1.5mはあったと思われます。
この日は天気が悪くここまでで引き返しました。


5月12日

今度は、河原坊コースの標高1400mまでの間に、昨年岩手県が設置した残りの2箇所と、東北森林管理局が設置した2箇所の防鹿柵を全て見てきました。


岩手県の柵 標高1180m付近


岩手県の柵 標高1260m付近


東北森林管理局の柵 標高1270m付近


東北森林管理局の柵 標高1400m付近


同上

これらは、支柱からネットを外してその場におろして残置してあったものです。
結果として、全て流されることもなく、置いたままになっていました。支柱を立てたまま残したところでは根元にやや緩みも見られましたが、倒れたものはありませんでした。今年の防鹿柵設置に向けた良いデータとなるでしょう。

5月2日にチェックした柵の前にカメラを仕掛けて置いたので画像をチェックすると、5月10日に子どもっぽいシカが2頭写っていました(頭から首のあたり毛の様子が違うので別個体と思われます)。




柵があるので、手も足も出ないだろう。はっはっは。


まあ、そうなればつまり、柵の外のものを食べるだけだよね。柵の中のものは食われない。
(柵の手前にあった草)

局所的に柵で保護するということは、そういうことです。
保護するものに優先順位をつけて、それ以外は見捨てる。世界中で早池峰山にしかない植物が食べられてなくなったら取り返しがつかないから。今年は高山帯にもっと柵が拡大されることになっています。

しかし、柵の外の植物が食い尽くされたら…?
その植物に依存していた昆虫がいなくなり、その昆虫に依存していた鳥類や哺乳類もいなくなります。生態系そのものが損なわれてしまいます。
早池峰山のシカ対策のゴールはどこに…?


2019.03.30 あと1ヶ月
3月も末になって雪の岩手内陸ですが、あと1ヶ月ほどです。
何が…春が?大型連休が?
シカが早池峰山に上って来るのが。


2019.3.16 内川目・笠詰キャンプ場近く

早池峰山の登山口から西に下ること8kmほどの地点。シカが樹皮を食べた跡です。


県道25号の、今はまだ冬季通行止のゲートの中、笠詰キャンプ場の上側です。


その少し上にまた別の食痕がありました。




林内には足跡も濃く、


糞も多数。これは仔鹿のものでした。

知り合いのハンターさんによると、3月になるとある日突然、樹皮食いが始まるそうです。その理由はよく分かっていません。


ここのササは雪が降る前からボウズでした。


こちらは地面を掘り返しています。周りのササに葉はありません。


キャンプ場の法面のササは、最近食べられたようです。足跡が新しかった。

この春、岳地区つまり鶏頭山麓周辺での樹皮食いや糞・足跡などのシカの痕跡の多さは、今までにないシカの生息密度の濃さを示しています。かつてこの時期にこれほどだったことはありませんでした。
単純に考えれば、それだけシカの数が増えているということになります。

野生生物の個体数を推定することは難しく、必ずしも個体数が増えているとは言えないのでは?という考え方もあるかもしれません。
しかし、増えていないという証拠もなく、ただある事実は、これまで毎年シカの痕跡は増え続けていて、目撃も増え続けていて、あるエリアでいくつかの種類の植物が姿を消しつつある、ということです。そしてそれは今のところ、自然に以前の状態に戻ることはないということです。

この冬、早池峰山麓は雪の少ない冬でした。人にも楽でしたが、シカにとっても。雪の多い冬にはシカの死亡率が上がるという研究がありますが、この冬は生き延びやすい冬だったでしょう。仔鹿の足跡の多さはそれを裏付けているのではないでしょうか。

雪が消えると、いや消えるか消えないかのタイミングで、シカたちは早池峰山に上がってきます。
去年、5月6日に私は早池峰山南面の標高1360m付近でシカを見ました。ダケカンバの林の足元にはまだ雪がある時に。>ほしがらす通信「春はシカとともに」参照
あと1ヶ月というのはそういうことです。

幸い、今年は岩手県と東北森林管理局で、去年以上の規模で高山植物保護のための柵を設ける計画があるようです。
それをシカより早く、食べられては困る植物の周りに立てる必要があります。
残念ながら、優先度の低い植物は今年も姿を消していくでしょう。

私たち人間は生きることに忙しい。自己実現とか、異動とか、昇進、年金、保険、大通りや桜山での歓送迎会…
シカにとって生きることとは?食べて、食べて、食べて、子を成す。それだけです。

勝ち目はありません。

備えを。